愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

第1回Blitzトーナメント第3回戦第2ゲーム[速水奏 vs 宮本フレデリカ](解説・北条加蓮 / 聞き手・工藤忍)

藤忍「みなさん、おはようございます。今朝は解説に加蓮さんを迎えて、第3回戦第2ゲームをお送りするよ!」

f:id:rikkaranko:20170730222506j:plain

北条加蓮「ん、よろしくね。まずは……奏vsフレデリカさんかぁ。奏も仕事が立て込んでて大変だね」

f:id:rikkaranko:20170730231707p:plain

忍「3回戦ともなると、錚々たる面子ですね……」

 

加蓮「そうかなぁ?ダークホースが出て来る方が観てる側としては楽しいと思うんだけど……」

 

忍「一理ある」

f:id:rikkaranko:20170730231858p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 まで)

加蓮「ルイ・ロペスだね。そういえば奏の先手って今回初めて?」

 

忍「2回戦の速水ー双葉がたしか奏さんの先手で、あれ?」

 

加蓮「いや、あれは奏の後手でハリネズミ防御だったはずだよ。あたし解説したもん」

 

忍「あっ、そうだった。ということは先手は今シーズン初めてですかね」

 

加蓮「そうだね。で、ルイ・ロペスかぁ。最近、流行ってるもんね」

 

忍「カレン・ディフェンスのせいじゃないですかね?」

 

加蓮「……あぁ、この前の放送で名前ついたんだっけ。恥ずかしいなぁ……」

 

忍「本局もそうなるかもしれませんよ!」

f:id:rikkaranko:20170730232558p:plain

(Fig.2 : 4. Bxc6 まで)

加蓮「……ンフフw」

 

忍「……」

 

加蓮「奏はクセモノ、イイネ?」

 

忍「アッハイ」

f:id:rikkaranko:20170805152635p:plain

(Fig.3 : 4. ... dc 5. 0-0 f6 6. d4 ed 7. Nxd4 Bd6 まで)

 忍「あの形が優秀だからエクスチェンジ・ヴァリエーションに飛び込んだ……ってことでしょうか」

 

加蓮「そうなら面白いね。でも、奏のことだから単に他人と同じことをしたくなかっただけってヘソ曲がりな可能性もあるなぁ」

 

忍「エクスチェンジ・ヴァリエーションは穂乃香ちゃんが講座で一回取り扱ってましたが……」

 

加蓮「黒がBg4と出ていきなり白のクイーンをピンする形が紹介されてたよね。あれもあるけれど、こうして5手目f6と突いて、eポーンとの連結をよくするのも指されている、というか黒から無理に動かない方が今は良いって考えの方が主流なのかな」

 

忍「5. ... f6でeファイル~fファイルでポーン・コネクションが出来たから、白はこのタイミングですかさず6. d4と突いてぶつけるんですね」

 

加蓮「そう。で、本譜のようにポーンの交換をすれば、これでセンターコントロールの足がかりを破壊できるからね。黒の7手目Bd6は、お互いのクイーンが素通しになったdファイルにピースを足しながらビショップを攻撃ピースにするべく展開、さらに自陣のキャスリングに近づける手ね」

 

忍「穂乃香ちゃんもいってましたね。エクスチェンジ・ヴァリエーションはクイーンの衝突が起こりやすい、過激なオープニングって。クイーンファイルが序盤で早々にフル・オープンになるので、こうやってお互い備えていく神経戦になるんですね~」

 

加蓮「……もし、白がモーフィ・ディフェンスにBa4と引いて善戦できない、なんてことになったら、ルイ・ロペスを指すプレイヤーは当たり前のようにエクスチェンジ・ヴァリエーションに突入する様になるのかな」

 

忍「すると、黒としてはエクスチェンジ・ヴァリエーションだけ用意しておけばいいのでいずれにせよやり易い戦型になるのでは?」

f:id:rikkaranko:20170805153921p:plain

(Fig.4 : 8. Nc3 Ne7 9. Qh5+ Ng6 10. Nf5 0-0 11. Re1 Be6 12. Qe2 b5 13. h3 Qd7 14. Nxd6 cd 15. a3 a5 まで)

加蓮「二人とも気負いがないっていうか……慣れてるね~。手がパタパタ進んでいくよ。ルイ・ロペスってお互いの了解みたいな細かな駆け引きの上に成り立つとても人工的な戦型だなぁってカンジする」

 

忍「たとえばどのあたりですか?」

 

加蓮「どのあたりっていうのも難しいけど……そうだなぁ。黒の8手目Ne7は白がQh5+ってチェックを掛けに来るのに備えNg6と跳ねるのを用意しながらキャスリングを用意した手でしょ?だから暗黙の了解の様に9. Qh5+ Ng6と進む。ここで白はクイーンを鞘に納めないと今度は黒から標的にされるわけだけど、黒がBe6~Qd7で斜めのバッテリーを組むのに対抗して、白はRe1~Qe2で縦のバッテリーを手順に組みながらクイーンを引く、とかさ」

 

忍「なるほど」

 

加蓮「黒は放置するとcファイルのダブルポーンが負担になるから、ビショップ・ペアを見せて白に14. Nxd6とマイナーピース交換の順を打診したね。取ってくれればダブルポーンが解消できて、取ってくれなければビショップ・ペアが働く。細やかなテクニックがさすがフレデリカさんってカンジ。これで駒割りは互角、お互いキャスリングも済ませ、クイーンがバッテリーを組んでいる、ここから戦いじゃないかな」

f:id:rikkaranko:20170805154832p:plain

(Fig.5 : 16. f4 f5 17. Qf2 fe 18. Nxe4 Bd5 19. Nc3 Qf5 20. Nxd5 Qxd5 21. Be3 Qf5 まで)

忍「高度な応酬が続いてますね……」

 

加蓮「ね。奏の16. f4と突き出して、黒のf5を手抜いて敢えて17. ... feと取り込ませてから18. Nxe4とナイトを中央に復帰させる順なんて凝ってるなぁ」

 

忍「fファイルのポーンって、8つあるポーンの中でも結構触るタイミングが難しいですもんね」

 

加蓮「そうだね。この局面で、さっきは白がルーク+クイーンの縦バッテリー、黒がビショップ+クイーンの斜めバッテリーだったのに、それが逆になったよ」

 

忍「ホントだ。この局面の形勢を加蓮さんはどう見ます?」

 

加蓮「んーっとね、たぶん形勢的には黒が若干やり易いくらいだと思うんだけど、実際黒は自陣が纏めづらいんだよね……だから、まぁ互角かな。勝ってるのに黒が神経を使う展開になるかも」

f:id:rikkaranko:20170805161032p:plain

(Fig.6 : 22. Rad1 Rae8 23. g4 Qf6 24. f5 Qxb2 25. Rxd6 Qxa3 26. Rd3 Qa4 27. Rd4 b4 28. Red1 Qb5 まで)

忍「お互いaファイルから戦車を引っ張ってきましたね」

 

加蓮「フレデリカさんの23手目Qf6が渋い手だね。これは白に23. g4~24. f5と突かせるいい手だ。白に残っているのは黒マスビショップだけど、終盤で同じ色のマスにポーンチェインがあるビショップっていうのは価値が相対的に低くなる26. Rd3~27. Rd4とルークを釣ってクイーンとビショップのバッテリーを白が自分で切る様に仕向けたのも妙手順だと思うな。極めつけはa,bポーンをパスポーンに変身させたことかなぁ」

 

忍「なるほど、纏め難い陣形というのがネックだ~って加蓮さんはさっき言ってましたけど、『纏めない』ことでアドバンテージを取りに行ったんですね」

 

加蓮「これはちょっと真似できないね。小技がTHE宮本流ってカンジ。精度の高い基本テクニックを必要なタイミングで指せるのって大きいね」

 

忍「大技の北条、小技の宮本ですか」

 

加蓮「アタシのは大技っていうより大味だったりして」

f:id:rikkaranko:20170806003154p:plain

(Fig.7 : 29. Rb1 Ne5 30. Bf4 Qc5 31. Kg2 h5 32. gh Rxf5 33. Re1 Rxh5 34. Ree4 Rf8 35. Qe2 Rff5 36. Rd8+ Kh7 まで)

忍「黒の30手目Qc5は、白のクイーンをピンすることで一気に白のキングを弱めるクイーン交換を狙った機敏な一手ですね」

 

加蓮「そうだね。クイーンが消えれば正真正銘のエンドゲームに入るけれど、このときにどれだけ自分にとって有利な状態でクイーン・エクスチェンジが出来るかっていうのはミドルゲームで常に考えておきたいところかな」

 

忍「対して奏さんは35手目Qe2とクイーンの利きをずらしましたね」

 

加蓮「これは黒のクイーンの当たりを避けることで、次の36. Rd8+とチェックを掛けながら敵陣深くにルークを潜らせるのを狙った手だね。こうして潜水したルークは、a、bファイルのパスポーンを一掃し得る希望を担った終盤の手筋だけどね……」

 

忍「31手目h5~Rxf5~Rxh5と素晴らしいコンビネーションを見せたフレデリカさんの有利は揺るがなそう、と」

f:id:rikkaranko:20170806003721p:plain

(Fig.8 : 37. Bxe5 Rxe5 38. Rxe5 Qxe5 39. Qxe5 Rxe5 40. Ra8 Re2+ まで)

 忍「じりじりと間合いを詰めた後は、一気に斬り合うようなエンドゲームでしたね」

 

加蓮「フレデリカ・エンディングって大体そうじゃない?あとは投げ時よね……」

f:id:rikkaranko:20170806003736p:plain

(Fig.9 : 41. Kf1 Rxc2 42. Ke1 b3 43. Kd1 Rc5 44. Kd2 Kg6 45. h4 Kf5 46. h5 Kg5 47. Rh8 Rc2+ 48. Kd3 a4 49. h6 gh 50. Rg8+ Kf5 0-1)

加蓮「なるほど、最後に思い出王手ならぬ思い出チェックを掛けて投了かぁ。奏も今回のトーナメントには並々ならぬ思いがあったんだろうね」

 

忍「それか、強いフレデリカさんと当たることへの思い入れ……でしょうか」

 

加蓮「なるほど、それもあるか。ま、彼女は何にも教えてくれないと思うけどねー」

 

忍「本局を制した宮本フレデリカは、準決勝で北条加蓮と対戦します。そっか……加蓮さんとなんですね、次は」

 

加蓮「準決勝かぁ~。ま、アタシは頑張れるだけ頑張るよ」

 

忍「応援してます!それでは、まずはこの辺で。聞き手の工藤忍と」

 

加蓮「解説の北条加蓮、でした。またあとでね」

 

忍「このあとは加蓮さんの準決勝がありますからね!」

 

(続く)