愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

第1回Blitzトーナメント第2回戦第2ゲーム[双葉杏 vs 速水奏](解説・北条加蓮 / 聞き手・綾瀬穂乃香)

 

綾瀬穂乃香「こんばんは。今日はトーナメントの2回戦から、第2ゲームの解説をしていきます。聞き手は私、綾瀬穂乃香が、解説は北条加蓮さんでお送りします。宜しくお願いします、加蓮さん」

f:id:rikkaranko:20170703203016j:plain

北条加蓮「うん、よろしくね」

f:id:rikkaranko:20170703202952p:plain

穂乃香「加蓮さんは2回戦第1ゲームで颯爽と勝ち上がりましたね。おめでとうございます」

 

加蓮「ありがと。でも、まだまだ。これから気を引き締めないとね」

 

穂乃香「そんな加蓮さんは、今日の対戦はどう見ますか?」

 

加蓮「そうねぇ……先手の杏は、ムラがすごいかなぁって。後手の奏は逆に安定してるけど、ちょっと棋風が独特よね」

 

穂乃香「そうですね。速水流というか、少し間の取りにくい指し回しではありますね。それでは、今日のゲームを紹介していきますね」

 

f:id:rikkaranko:20170703201057p:plain

(Figure.1 : 1. c4で双葉はイングリッシュ・オープニングを志向した。やや珍しい出だしだが、ここで早くも速水が少考している。)

 

加蓮「今日の棋譜コメは?」

 

穂乃香「今日は東郷さんです。『これで3回戦は無くなったから、棋譜コメを付ける方に回れるよ』って言ってましたね」

 

加蓮「手厳しいなぁ」

 

f:id:rikkaranko:20170703201127p:plain

(Fig.2 : 1. ... c5とcファイルでポーンがぶつかりあった。考慮時間は悩んでいたのではなく、作戦を確認していたようだ。速水はこの戦型に用意があるということだろうか。)

 

穂乃香「なかなか面白い出だしですね。私も使っている人を見るのは先手も後手もどちらも初めてです」

 

加蓮「癖が強いなぁふたりとも……。奏の初手c5はイングリッシュ・オープニングに対してシメトリカル・ヴァリエーションと呼ばれるラインに入る返しの手だね。ここからfファイルのナイトを跳ね合うから、対称形を崩さないってことで、シメトリカル」

 

f:id:rikkaranko:20170703201212p:plain

(Fig.3 : 2. Nf3 Nf6 3. g3 b6と進んだ。お互いフィアンケットを狙った手だ。)

 

加蓮「まぁ、ヴァリエーションの名前になってる割りにはすぐ崩れるんだけどね」

 

穂乃香「黒は右辺でフィアンケットを組むんですよね。キャスリングが立ち遅れそうな気もするんですが……」

 

加蓮「そのかわり連結で勝負するようなところになるのかな。癖というか、拘りというか……奏らしいっちゃ奏らしいなぁ。こんなのバランス感覚に自信がないと指せないもん」

 

 

f:id:rikkaranko:20170703201343p:plain

(Fig.4 : 4. Bg2 Bb7 5. Nc3 e6 6. 0-0 Be7とパタパタと手が進んでいく。両者は初手合い、先手の双葉は1回戦で驚きの采配を見せたが、速水流にどう立ち向かうか。そして後手は駒組みが決まったようである。)

 

加蓮「この形、なんていうか知ってる?」

 

穂乃香「白です?黒です?」

 

加蓮「黒の方」

 

穂乃香「うーん、本で見かけたことはあるんですけど、わからないです」

 

加蓮「これはね、ヘッジホッグ・ディフェンスって呼ばれている形だね。ハリネズミの、ヘッジホッグ。真ん中から手を作られると白は手痛い反撃を喰らうんだよ~」

 

穂乃香「針鼠防御ですか……?」

 

加蓮「そ。穴熊囲い、みたいで面白いでしょ?」

 

 

f:id:rikkaranko:20170703201452p:plain

(Fig.5 : 7. d4 cd 8. Qxd4 d6 9. b3 0-0 10. Be3 Nbd7 11. Rad1 Qc7と進んでいく。d4に陣取ったクイーンを武器に、白はピースを集めて速攻を狙っているようだ。)

 

穂乃香「わかりやすいけど受けにくい、はボードゲームの理想ですよね」

 

加蓮「そうだねー。だけど、たぶんこのゲームは、奏は受けないと思うな。カウンターを得意にする速水流とハリネズミは相性がいいなぁ。どこから手を付けても針が飛んできそうで怖いもん」

 

f:id:rikkaranko:20170703201950p:plain

(Fig.6 : 12. Rd2 e5 13. Qh4 d5 14. Rfd1 d4 15. Nxd4 ed 16. Bxd4 Bxg2と進んだ。これは黒番の技あり、チェスボードを斜めに割る様な華麗なエクスチェンジで優位を奪ったように見える。一方の白番双葉だが、不利を感じても指す手がなければ特に考えずそれを甘受しようというのは潔さか。)

 

加蓮「杏の場合、考えるのがめんどくさいだけだったりして……」

 

穂乃香「きっとそんなことないですよ!1回戦とか驚くくらいの大局観でしたし!」

 

加蓮「あれも、攻め合いがめんどくさいからって……」

 

穂乃香「あ、加蓮さん!局面の説明をお願いします!」

 

加蓮「そうねぇ……e5~d5~d4と手順にクイーンを追い払い、取れないポーンをぶつけて、ポーン・フォークを掛けたんだね。そして、真ん中が裁けるといきなりフィアンケットしたキングサイドのビショップが抜かれて、白のキングが危険になる。これは杏、ハリネズミの針に迂闊に触っちゃったかな」

 

f:id:rikkaranko:20170703202224p:plain

(Fig.7 : 17. Kxg2 Rfd8 18. Bxf6 Nxf6 19. Rxd8+ Rxd8 20. Rxd8+ Qxd8 21. Qg5 Qd4 22. Qe3 Qxe3 23. fe Ng4と白番から盤面を整理しに行った。一歩間違うと黒は畳み込まれかねない局面だったが、冷静に押し切ったと観ても良いだろうか。)

 

加蓮「黒はハリネズミの針、つまり前線ポーンをだいぶ損したけど、そのかわりエクスチェンジの手順でマイナーピースをまるまるひとつ多く残すことに成功してるからね。これはちょっと白としては纏めづらいかも」

 

穂乃香「ハリネズミ防御、優秀なんですね」

 

加蓮「優秀っていうか、ほんと独特なんだよね。拘りをもって指してないと、一日二日で指し回せるものではないかも」

 

f:id:rikkaranko:20170703202335p:plain

(Fig.8 : 24. Nb5 a5 25. h3 Nxe3+ 26. Kf3 Nc2 27. a4 Na1 28. Nc3 Nxb3の進行。初手に考慮時間を使った以外で、黒番の手の流れに淀みがない。反撃の筋が看破できないままに白は押し込まれてしまった印象がある。)

 

穂乃香「この黒の形、キングズ・インディアンのように、白の戦型を問わずに使えそうな気もしますね」

 

加蓮「確かに、システムとして見ても優秀だとは思うよ。ただ、微差を突き放して行く様な長時間のゲームにはあまり向かないかもなぁ。自分から手が作りにくいから」

 

穂乃香「そうなんですね」

 

加蓮「アタシの感触だけどねー」

 

f:id:rikkaranko:20170703205518p:plain

(Fig.9 : 29. Nd5 Bd8 30. Nc3 Nd2+ 31. Ke3 Nxc4+ 32. Kd4 Nb2 33. e4 Be7 34. Nb5 Bc5+ 35. Ke5 f6+ 36. Kf4 Nxa4 0-1となった。両対局者にねぎらいを述べ、また危なげなく勝ち切った黒番の速水には、次にどのような世界を盤上に見せてくれるのか、期待がかかる。)

 

加蓮「投了やむなし、か。最後の希望を繋いでたポーン得もこう無残に払われてしまうと、仕方ない感じかもね。ふたりとも、お疲れ様でした」

 

穂乃香「天才は初太刀で殺す、という言葉がありますが、そんなものを彷彿とさせるような一閃でしたね。お疲れ様でした。勝った速水奏さんは、3回戦で鷹富士茄子さんとの勝負に勝った宮本フレデリカさんと当たります」

 

加蓮「あー、次はフレデリカさんと奏なんだ!それもおもしろそうだなぁ。フレデリカさんは正統派な中に、独特の感性を秘めてるし、奏はもう発想からちょっと速水奏、って感じだし……」

 

穂乃香「そうですね、楽しみです。次に紹介するのは、第2回戦の第4ゲーム、アナスタシアv.s.桃井あずき戦の予定です。そちらもおたのしみに。綾瀬穂乃香でした」

 

加蓮「解説は、北条加蓮がお送りしました。またね」

 

(続く)