愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

第9回 桃井あずきのチェス・プロブレム大作戦!

 

 みんな、久しぶりーっ

f:id:rikkaranko:20170630113537j:plain

 少し時間が空いちゃったけど、『桃井あずきのチェス・プロブレム大作戦!』、今日は9回目ということで、始めて行こっかー!

 前回の問題はこれだったね!

(White to Move, #7)

f:id:rikkaranko:20170630113712p:plain

 フリスクの出てるチェスを題材にしたドラマ、『シンデレラを探して』の第1話で扱われたゲームが、投了図以下Mate in 7ということで、それにちなんでプロモーションが絡むMate in 7のプロブレムを持ってきたんだったねーっ

 

 さてさて、プロブレムを目にしたらまずやることは、状況把握だよっ!

 白が1手パスした状態で、黒が次に動けるところはどこかな?

f:id:rikkaranko:20170630114136p:plain

 現盤面上では、黒のキングが動く手は全て自殺手だね!

 あとは……白の初手が1. e5なら1. ... deって取ることは出来るよね!なので、動けるのは、

1. ... d5 / e5 / Bf7 / Bh7 (/ de)

 というわけ!

 ここで、今度はどうやったら黒をメイトに討ち取れるかを考えてみよっか!

 すると、あずきたち白はキングとポーンしか持ってないんだよね……これじゃなかなか詰められそうにもないかぁ、って思ったら、プロモーションさせよう!って考えるのが自然かな?

 すると、今度はどのポーンが一番プロモーションに近いかなーっ、て考えるのが順当なんだけど、今回はどれかなぁ。

 

 まぁ、aポーンは厳しそうだよね。黒のa6のポーンがいるかぎり白のaポーンはプロモーションできないから、やるならキングで黒のa6を奪いに行かないといけないんだけど……

 ここで、残ってる黒のビショップが白マスビショップっていうのが曲者で、a6は白マスだから……なんと、黒は守ろうと思えばa6の白マスにいるポーンをビショップで紐付して守ることもできる、ってことなんだ。じゃあなかなか難しいか……

 eポーンも難しい、というか、e5と出た瞬間に取られるのが見えてるよね。

 とすると、gポーンかhポーンに限られるわけだけど、ここでこのプロブレムには罠が張られてるんだよーっ

 いきおい、1. g7+と出る手を指してみたくなるんだけど……

f:id:rikkaranko:20170630213025p:plain

 ここで、g8にいるビショップが邪魔で、hポーンはプロモーションできなくなっちゃった!

f:id:rikkaranko:20170630213143p:plain

 ここで、2. h6と突くのは2. ... Kxh6で意味わかんないし、かといって白が今度指せる手がほとんどなくて、これはしくじり大先生だよねーっ

 

 じゃあ1. h6はどうかというと……

f:id:rikkaranko:20170630213544p:plain

 

 この状態では、次にg7+と入ってもKg7~Kg6とするする逃げられちゃうし、といって次にh7と縛る手は2. ... Bxh7 3. gh Kxh7で二の矢がないんだよね……。どうしてもg8のビショップが邪魔で……。

 ビショップが動かざるを得なければ、g7+が入るんだけど。

 

 というわけで、初手は一発、1. e5が正解!以下は、

(1) 1. e5 de 2. h6 e4 3. h7 Bf7 4. Kxf7 e3 5. g7+ Kxh7 6. g8=Q+ Kh6 7. Qg6#

(2) 1. e5 d5 2. h6 d4 3. h7 Bf7 4. Kxf7 d3 5. g7+ Kxh7 6. g8=Q+ Kh6 7. Qg6#

(3) 1. e5 Bf7 2. Kxf7 de 3. g7+ Kh7 4. g8=Q+ Kh6 Qg6#

(4) 1. e5 Bf7 2. Kxf7 d5 3. g7+ Kh7 4. g8=Q+ Kh6 Qg6#

(5) 1. e5 Bh7 2. g7#

 って感じだよーっ!

 

 エンドゲームで、パスポーンが出来たときとか、エクスチェンジの手順中でパスポーンをひねり出せるときなんかは、あずきは自分でプロブレムを作っているような気分になることがあるなぁ。っていうのもね、プロブレムだったら、(Mate in 7)とか、(#7)とかって制限があるでしょ?これを、自分で読んでみつけるの!それが所謂終盤の『手数計算』とか『速度計算』っていうヤツかなぁって。

 理想を言えば、1手争いなんてしないで中盤で突き放して安全勝ちしたいけれど、なかなかそういうゲームじゃないよね、チェスって。その1手すら、相手に絶対に渡さない。そういう強さが、すなわちチェスの強さなのかなって思うんだ。

 

 今日は、ちょっと変わったパズルを持ってきたよ!

 白番、6手以内で『ドロー』にしてね!

f:id:rikkaranko:20170630220155p:plain

 

 最近は御天気がすぐれないねぇ……そんな夜こそ、チェス・パズルだよーっ

 また会おうね、桃井あずきでした♥

 

(続く)