読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

喜多見柚の名局好局つまみ食い[Giuoco Piano, Evans Accepted, Pierce Defense / Adolf Anderssen v.s. Jean Dufresne, 1852, Berlin]

 

 咲ーいーてー、キタミキタミ♪やっほ、喜多見柚だよ!

f:id:rikkaranko:20170425195431j:plain

 最近はずいぶんあったかくなって、っていうかもう夏?!みたいな日もあったりね!みんなは体こわしてない?大丈夫?そーせんきょもいいけど、睡眠もほどほどにとらないとね!

 

 

 今日紹介するのは、これ!エヴァーグリーン・ゲーム、といえばわかっちゃう人もいるかな?ウンウン!

 1852年というと、今から大体……160年くらい前のこと?まだ日本は江戸時代だね!というかまだペリーが来てないくらいの頃じゃないカナ?ちがったかな?そうだよね!エヴァーグリーンとは、『常緑樹』、転じて不滅とか永久とか、そんな意味だよ!

 白番は世界チャンピオンに二度君臨しているアンデルセン。彼は数学者でもあったんだよ!将棋の羽生善治先生は数学が好きだった、って聞いたことあるけど、こういうボードゲームはそういうアタマの使い方をする人にとっては有利だったりするのカナ?それとも、ボードゲームが得意な人ほどスーガクに有利だったり?んー、わかんないナ。志希さんはチェス強いよ!

 一方の黒番はデュフレーンとかデュフレーヌ、って読むんだってフレデリカさんが言ってた!デュフレーンって言えば、奏さんとこの前いっしょに観た『ショーシャンクの空に』に出て来たの頭取もデュフレーンだね!ジャン・デュフレーンはドイツはベルリンの強豪棋士で、多数のチェスに関する名著を残したことでも知られているね!

 

 タイトルで気が付いちゃった人もいるカナ?この前のは公式戦だったから、最後にそのチャンピオンシップの名前が書いてあったけど、今日のは書いてないよねー。これ、アタシが手抜きしたんでも、スタッフさんの怠慢でもないんだよ!昔過ぎて記録が失われちゃった?まさか、このゲームに限ってはそんなことないよ!そうなの、これ、非公式戦なんだ。

 

 一緒に見て行こうか!イタリアン・ゲームからジオッコ・ピアノの出だしだよ。まずはそこまで並べちゃおう!

f:id:rikkaranko:20170425211957p:plain

(Figure.1 Giuoco Piano : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 Bc5 まで)

 名前がつけられているものが多くて、つまりとにかく用語がいっぱいあるなぁって思うことって、チェスに限らずあるよね。さっきハナシに出て来たスーガクもそうだし、スーガク以外にもカガクってそうだと思うし!あとは哲学とか文学とか……お料理とかだってそうなのカナ?穂乃香ちゃんにバレエもそうだって聞いたことあるなぁ……。一度に見ちゃうとお腹いっぱい頭いっぱいで『うわぁ』って思っちゃうけど、ひとつずつモノにしていくと案外そうじゃなかったりするんだよね!それになにより、こうやってお互いの理解の上にハナシが出来るのって、嬉しいなぁって。

 エヴァンス・ギャンビットは穂乃香ちゃんの講座でいちど出て来たことがあったっけ!4. b4といきなり黒ビショップに突き出したポーンをぶつける戦型だったね!

f:id:rikkaranko:20170425212617p:plain

(Fig.2 Evans Gambit : Giuoco Piano ~ 4. b4 まで)

 穂乃香ちゃんの講座では、『ビショップを引きつける手』だって解説されてたね。アタシはその上で、更に自分のウィークポイントであるfポーンからビショップの利きをずらせるならこのタイミングでbポーンを切ってしまっても構わない、っていうすごく強い手だと思うんだ。アタシ?好きだよ~エヴァンス・ギャンビット!柚は何でも指すけどね!相手の駒を逸らすことで自分の駒組みをしやすくして良さを求める戦型、って将棋だと何があるカナ?うーん、縦歩取りとか?あとで茄子さんに聞いてみよ。

 これは取らない手と取る手があって、取る方は多くのオープニングで使われる様に、ここでも『エヴァンス・アクセプテッド』って言うね。本局は堂々デュフレーンが4. ... Bxb4と取ったよ!少し時代背景の説明をすると、19世紀はこうやってわりとゲームの早い段階からお互いポーンダウンをして、盤面スッカスカの終盤で縦横無尽にお互いピースの利きを使いキングを殴り合う、ノーガード・ボクシングみたいなゲームが多かった感じがするなぁ。あ、エヴァンス・ギャンビットは今でも第一線で全然使えるオープニングだよ!

 ポーンを取り込ませ引きつけたビショップにすかさず5. c3 Ba5と。

f:id:rikkaranko:20170425213907p:plain

(Fig.3 : Fig.2 ~ 4. ... Bxb4 5. c3 Ba5 まで)

 黒の5ムーブ目Ba5は、穂乃香ちゃんがルイ・ロペス講座で言ってた、『手損』の概念を思い出すとわかりやすいかも?相手のポーンを一つ早々にダウンさせて駒得を主張しても、やっぱり一手で出られたはずの場所に引くのってなんだか決まり悪いんだよね……。だから、b4までこないと行けなかった場所に行く、とBa5ってこと!ここはbポーンがなくなった今や攻められ難い、とか、白キングを間接的に睨んでいる、とか、『まぁ、悪くないかな』って位置だよね!

 ここで一発6. d4と行くのがこの局面から大体8割くらいかな?放置すればセンター・コントロールに大きな手、取らせてもピースの展開に大きな手、だね。だからこそ黒としては手抜くのもアリ、とまた選択が迫られているね!6. ... edと取り込んだこのラインでもって現局面をピアス・ディフェンスって言うよ!

f:id:rikkaranko:20170425220330p:plain

(Fig.4 Pierce Defense : Fig.3 ~ 6. d4 ed まで)

 ここで早くも白はポーン2つの損だね。そのかわりピースがセンターにのびのび展開できるようになっている……っていうのが先手の主張だね。

 で、この白はこのポーンは取れないね。取る手はBa5の所為で自殺手だよ!ピンされている所為でとれないんだから、そのピンを外してしまおう、とキャスリング、対して今度は取りこまれるからそれを避けてd3と進んだね。ちなみに7. ... d3は最近はあまり指さないかな。ナイトを使うNge7の方が感触がいいからね!あとは7. ... dcっていうややリスキーな手もあるよ(コンプロマイズド・ディフェンス)。

 ま、結果的にいうとアンデルセンはこれを咎めにいかなかったので、第3ランクまで攻め込んだポーンは攻撃の拠点として大いに働くね。

f:id:rikkaranko:20170425222639p:plain

(Fig.5 : Fig.4 ~ 7. 0-0 d3 8. Qb3 Qf6 9. e5 Qg6 10. Re1 Nge7 11. Ba3 b5 まで)

 デュフレーンの11ムーブ目b5はなかなか機敏なサクリファイスだよね。8. Qb3でバッテリーを作ったアンデルセンの狙いはBxf7だもんね。だったらバッテリーを解散させてしまおう、という手だね!10. Re1は見えづらいけど確かな手だなぁって思う。棋風が分かれるところかも?柚はこういう手、好きだけど、たとえば理論家の奏さんとかは『テンポを失ってまで指す手かしら……?』なんて言いそう!あ、テンポっていうのはね、最近事務所に入ったアーニャさん、アナスタシアさんから教わった概念なんだけど、なんていうんだろ。『1回の動き』とでもいうのカナ?つまり、

f:id:rikkaranko:20170425223458p:plain

(Fig.5.1)

 こーんな風にいま、h1にルークがあるとするでしょ?そして、たとえばアタシはh8(バツ印)に動かすのが『目的』だとするんだ。このとき、すっと1. Rh8と単一の動きで到達できればそれは『テンポを得る』って言って、逆に何らかの事情で途中下車しなきゃいけなかったりして、1. Rh5(黒丸)~2.Rh8と動いたとするじゃない?これは単一の動きでいけたはずなのに……ってことで『テンポを失う』って言うんだ!a1に行きたい柚がd1で降りちゃっても、やっぱり『テンポを失った』柚だよ!あ、わかりやすかったのが、一緒に聴いてたプロデューサーが、「なるほど、つまり新宿駅で降りなきゃいけないのに、お腹が痛くなって途中の代々木で降りた今朝のオレは『テンポを失ったプロデューサー』だったわけだ」って言ってたね!結局、遅刻してきたもんね!

 柚もねー、チェス覚えてから、忍ちゃんや穂乃香ちゃんほどじゃないけど、自分でいろいろ調べたりしてお勉強したんだけど、日本語の本には書いてなかったかも……?ま、そもそも一緒にアーニャちゃんの話を聞いてた奏さんも加蓮さんも初耳だったって言ってたから、チェス大国では当たり前でもこちらにはまだ浸透してないのかもネ!

f:id:rikkaranko:20170425224950p:plain

(Fig.6 : Fig.5 ~ 12. Qxb5 Rb8 13. Qa4 Bb6 14. Nbd2 Bb7 15. Ne4 Qf5 16. Bxd3 Qh5 まで)

 さー、進めてここだね。黒はキャスリングする一手も惜しんで、ポーン・サクリファイスでついでにバッテリーを消しながら遊んでいたルークの活用、さらにビショップ・ペアを建ててクイーンを活用、と忙しく攻めに来ているんだね!対して白のアンデルセンは流石歴戦の猛者というか、しっかり受けながらナイトを中央に使って、防戦一方にならない様バランスを取っているんだねー。ところで、穂乃香ちゃんやありすちゃんならこの黒の15手目を見てすかさず『手損』って言うと思うナ?なんでかって?えっへへ、内緒!ってそれほど大したことでもないから、考えてみてネ!

 この局面から、アンデルセンの不朽のコンビネーションが始まるよ!

f:id:rikkaranko:20170425230522p:plain

(Fig.7 : Fig.6 ~ 17. Nf6+!!)

 最初にこのゲームを文香さんに教えて貰ったとき、感激したナァ……文香さんも、「記憶を消して一つだけチェスゲームを並べられるとしたら、エヴァ―グリーン・ゲームを並べたい」って言ってたもんね!この手は確かにキングとクイーンにダブルアタックだけど、いきなりgファイルがセミオープンになって、黒から反撃がわかりきっているのに、って感じ!

f:id:rikkaranko:20170425231258p:plain

(Fig.8 : Fig.7 ~ 17. ... gf 18. ef Rg8 19. Rad1 Qxf3 まで)

 ひょええ、って感じになるよね!このナイトを取り込む19. ... Qxf3なんて次Qxg2#までの頭クイーン一手詰み!って!どうするんだろ……一緒にハラハラしてね!

f:id:rikkaranko:20170425232144p:plain

(Fig.9 : Fig.8 ~ 20. Rxe7+!!!)

 えぇ~!?

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

えぇ~?!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 うん、ありがと!そんな感じ!

 これ、受けないの!って思うよね?

f:id:rikkaranko:20170425232625p:plain

(Fig.10 : Fig.9 ~ 20. ... Nxe7 21. Qxd7+!!!! まで)

 クイーン、切っちゃうんだ……!

f:id:rikkaranko:20170425232758p:plain

(Fig.11 : Fig.10 ~ 21. ... Kxd7 22. Bf5+ まで)

 これ、ルークとビショップのダブルチェックだよ!こういう手は、片方を受けるだけじゃ受けにならないから、エンドゲームでは強いよね、合い駒を打って受けるのが利かないチェスだと尚更って印象だなー。

f:id:rikkaranko:20170425233149p:plain

(Fig.12 : Fig.11 ~ 22. ... Ke8 23. Bf7+ まで)

 落ちたキングをビショップで追って……

f:id:rikkaranko:20170425233255p:plain

(Fig.13 : Fig.12 ~ 23. ... Kf8 24. Bxe7#)

 最後はほとんどすべてのピースが利いて、作り上げたようなチェックメイト。溜め息が出ちゃうネ……。

 

 これは何度も並べて欲しいゲームだなぁ。ま、アタシは並べてみて「おおー」って言って欲しいゲームしか紹介してないんだけどネ!

 

 えーと、今日のメールは……「真夜中のパン屋さん」さんからだよ!ありがとう!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

こんにちは!いつも楽しく見ています!

柚ちゃんたちは最近よく事務所でもチェスセットを広げていますが、良かったらあたしにも教えてもらえませんか!お礼に柚ちゃんによく似たパンを持って行きますので!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 ……事務所で言ってくれてもいいのにネ?

 

 最後に……今日紹介するのは、これ!

ーーチェスは神々のゲーム。無限の可能性がある。

 これは作家・ナボコフのコトバね。文香さんに貸してもらった本、面白かったナァ。

 ではでは、お体に気を付けて!喜多見柚でした♪

 

ヤーアットー ミツケテクレタネー キタミー♪ ……

 

(続く)