読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

第2回 工藤忍の実戦チェスチャレンジ[Giuoco Piano](Yuzu Kitami v.s. Frederica Miyamoto. 前篇)

 

ピッ

速水奏「……」

f:id:rikkaranko:20170407173125j:plain

 

シーエムノアトハ!クドウシノブノジッセンチェスチャレンジ!!

 

奏「……ふふっ」

 

奏「ココアでも淹れてこようかしら」

 

====================

 

 おはようございますっ。二回目、『工藤忍の実戦チェスチャレンジ』!今日もお仕事頑張ります!

f:id:rikkaranko:20170407074042j:plain

 

 今日のゲームは、……なんとフレデリカさんと柚ちゃんのレッスンからだね!

 穂乃香ちゃんから、『解説するレッスンの予定があったらいいのですが、なかったら、よろしければイタリアン・ゲームをやってもらえませんか』って言われて。そしたらちょうどフレデリカさんと柚ちゃんがやってたんだよね!そのゲームの進行を見ながら、解説して行こうかと思います!

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

そろそろゲストの紹介を

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 あっ、そうでしたね……今日はゲストが来てくださってます。どうぞ~

 

喜多見柚「喜多見だ、勝った!やっほ~、柚だよ~っ!」

f:id:rikkaranko:20170407074603j:plain

宮本フレデリカ「キッスミ~フンフフフフンフンフレデリカ~♪ラヴリーエンジェル、フレデリカだよ~」

f:id:rikkaranko:20170407074719j:plain

 

忍「……というわけで、今日はこのお二方とお送りするよ!」

 

柚・フレデリカ「よろしくね~」

 

忍「初手からの進行は1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4で、柚ちゃんの誘導でジオッコ・ピアノになったんだね(c.f. Figure.1.1)。柚ちゃんは3. Bb5と出るスペイン・ゲームの方が好きじゃなかったっけ?」

f:id:rikkaranko:20170407174726j:plain

(Fig.1.1 :  1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 まで)

柚「スペイン・ゲームはルイ・ロペスの名でも知られるイタリアン・ゲームの王道だよね!確かに、アタシはルイ・ロペスが好きだけど、それは3. Bc4からの展開で自分が誘導しようと思っても思った様なラインに展開しないことが多いっていう実践的な理由もあってね……。でも、奏さんから、『フレデリカはイタリアン・ゲームの黒番が強い』っていう話を聞いてたから、フレデリカさんなら、ジオッコ・ピアノを習えるんじゃないかなーって思ったの」

 

忍「なるほどねぇ……」

 

フレデリカ「そうだねー、ネットの早指しなんか見てると、中級者くらいまでの人はNf6からツー・ナイツ・ディフェンスに持ち込もうとしたりするようなのが多い気もしないこともなくはない感じするかな!イタリアン・ゲームはどんと来いだよ!なんといってもフレちゃんはパリのドンスコイと呼ばれていたくらいだからね~♪」

 

忍「ドンスコイ、チェス関係ないですよね……。続いての進行が、3. ... Bc5 4. c3 Bb6(Fig.1.2)と……このBb6はどういう手ですか?」

f:id:rikkaranko:20170407181652j:plain

(Fig.1.2 : Fig.1.1~3. ... Bc5 4. c3 Bb6 まで)

 

フレデリカ「これはねー、まず直截的にはd4と突かれる前に引いておくことで、ビショップが責められないんだよね!それから、4. c3 Qe7 5. d4 edの展開だと、白には6. 0-0 dc 7. Nxc3 d6 8. Nd5 Qd8 9. b4 Bb6 10. Bb2(c.f. Fig.2.1~2.2)なんていう、ポーンを損しながらの強襲の筋があるんだよ~まるで孫子だね!これでも一局の勝負だけど、黒がeポーンを失う分、受ける展開になりやすいんだよね~」

 

忍「えーと、えっ、ここ(Fig.2)で白がdポーンどころかcポーンまで取らせちゃうんですか?!」

f:id:rikkaranko:20170407180734j:plain

(Fig.2.1 : フレデリカの言及した展開、3. Bc4 Bc5に4. c3 Qe7 5. d4 ed 6. 0-0 まで。edと進んできた黒のポーンが白のcポーンに当たっている)

フレデリカ「とーぜん、6. ... dcと取るよね。そこからさっき言ったみたいに進めると……」

f:id:rikkaranko:20170407181203j:plain

(Fig.2.2 : フレデリカの言及した展開、6. ... dc 7. Nxc3 d6 8. Nd5 Qd8 9. b4 Bb6 10. Bb2 まで)

柚「Nxc3とcポーンを取りこませて跳ねたナイトが、次にNd5とクイーンを追って黒はQd8とポーン得ながら手損、しかもb4とナイトの紐をつけながら突く手がビショップを攻めつつスペースを構築して白が主導権を握った、って展開なのカナ?」

 

フレデリカ「たぶんそんなカンジ~♪」

 

忍「なるほどこれは……激しい勝負になりそうですね……」

 

柚「というわけで本譜4. ... Bb6はeポーンを保持したまま進めようという手で、こういう選択肢もあるんだなーって。参考になります!」

 

忍「そこから5. d4 Qe7 6. 0-0 Nf6 7. d5 Nb8(Fig.1.3)と……このNb8は手損では?」

f:id:rikkaranko:20170407182210j:plain

(Fig.1.3 : Fig.1.2~5. d4 Qe7 6. 0-0 Nf6 7. d5 Nb8 まで)

 

フレデリカ「ん~これはね~、しょーがないっ!だって柚ちゃんが黒の4ムーブ目Bb6の意図を瞬時に理解して、こうやって押し込む展開にしてきたんだもん♪そうだよね?」

 

柚「そうです!たぶん、4ムーブ目のBb6とビショップを引くのは、こちらが損をしながらでもぐいぐい攻める展開で受け一辺倒になるのをフレデリカさんは嫌がったんだろう、と思ったから、じゃあその構想を攻めて受けざるを得ない展開にしよう!って思ったの!」

 

忍「なるほど……この辺柚ちゃんは天才だね……そしてこのNb8、実は動く場所がここくらいしかないんだね。Na5だと白から更にBd3~b4の追撃があるし、Nd8だとそもそもこのナイトが使えない展開になって後手不満、ってことかぁ」

 

フレデリカ「そうだよ~、メントスのみんなは賢い!」

 

忍「フリスクですけどね。ここで柚ちゃんが8. Bd3と出て、以下8. ... d6 9. Nbd2 a6(Fig.1.4)と進んだね」

f:id:rikkaranko:20170407183126j:plain

(Fig.1.4 : Fig.1.3~8. Bd3 d6 9. Nbd2 a6まで)

フレデリカ「この柚ちゃんのBd3はイイ手だよ~、渋い!ナイトとビショップって利きが喧嘩することが時々あって、そういうときにどうやって両方を活かしながら使うかっていうのもゲーム組立でだいじなことで!これは次にNbd2~Nc4~Nxb6を狙っているんだね。c4のマスを開けてナイトの跳ね場所を作ったんだよ~、こうやってb6に早目に据え付けたビショップを攻めに来るかぁ、ってフレちゃんドキドキしちゃったね!」

 

柚「えっへへ~」

 

忍「ということは9. ... a6はビショップの引き場所を作ったという訳ですね、なるほど。安心できる場所って、いいよね。角の引き場を作る端歩、に似てる感覚だけど、歩がぶつかり合ったときに取れる将棋と違って、チェスだとこの位置のビショップは結構攻めにくい場所ともいえるんだ。……ただ、外野からするとここでc6とした方が良いような気がするんですけども」

 

フレデリカ「!」

 

フレデリカ「いいセンスだね~、フレちゃんの敗着かも~?」

 

柚「c6突くならこのタイミングくらいしかないか、確かに……センター攻められるから……どうするんだろう?」

 

忍「本譜だとa6に10. Nc4 Ba7 11. a4 0-0 12. b4 Ne8(Fig.1.5)と進んだんだね……なるほど、これが柚ちゃんのいう、c6が突けない展開ってヤツかぁ」 

f:id:rikkaranko:20170407184554j:plain

(Fig.1.5 : Fig.1.4~10. Nc4 Ba7 11. a4 0-0 12. b4 Ne8 まで)

柚「10. ... c6はまぁ11. Nxb6だからないとして、あ、別にナイトと掛けたわけじゃないよ///……で、なんだっけ、あ、そうか、次に11. ... c6は12. dc bcと進んで13. Bc2とクイーンの縦の利きを通すと黒のdポーンへの風当たりが強いかなーってカンジするよね」

 

フレデリカ「じゃあ、12. ... c6は?」

 

柚「13. dc bcから交換得!」

 

フレデリカ「おぉ~合格~ナデナデしてあげよう♪」

 

柚「ふへへへ」

 

忍「……?あぁ、13. dc bcに14. b5 cb 15. ab ab 16. Nb6(Fig.1.5.1)でフォークってことかぁ……柚ちゃんの早見えは羨ましいや」

f:id:rikkaranko:20170407185544j:plain

(Fig.1.5.1 : 忍の読み筋16. Nb6 まで)

柚「Bxb6は17. Rxa8があるからねー」

 

忍「そうだね。……本譜進行のフレデリカさんの12. Ne8はナイトがセンターに活躍できなくなって引き損のようだけど、これ次にf5と突き出して、ポーン・チェインを一気に崩そうとしている油断ならない手だね」

 

フレデリカ「ポーン・チェインは下を狙え!これ今日のフレデリカの名言だから覚えて帰ってね~♪」

 

柚「そこから13. Qc2 g6 14. Bh6 Ng7 15. Ne3 f6 16.Rae1 Rf7 17. Kh1 Nd7 18. g4 Nf8 (Fig.1.6)と進んだよ!ずいぶん進めちゃったけど、ここまでやってることはひとつ!争点になってるのはf5のマスで、黒がf5と出るのを防ぐようにアタシが駒を集めてるんだよ!……あれ?」

f:id:rikkaranko:20170407190842j:plain

(Fig.1.6 : Fig.1.5~13. Qc2 g6 14. Bh6 Ng7 15. Ne3 f6 16.Rae1 Rf7 17. Kh1 Nd7 18. g4 Nf8 まで)

フレデリカ「わたしたち……」

 

フレデリカ・柚「「いれかわってる~~?!」」

 

柚「って感じで、攻守がいつの間にか入れ替わってるんだよねー」

 

フレデリカ「わーお、息ぴったり!」

 

忍「……というわけで、柚ちゃんは一貫して19. Rg1と。ここで... Bxe3!(Fig.1.7)と。これはポーン交換さえなかったこのゲームでは思い切った手なのでは?」

f:id:rikkaranko:20170407191515j:plain

(Fig.1.7 : Fig.1.6~19. Rg1 Bxe3 まで)

 

フレデリカ「ん~、……どう?柚ちゃん」

 

柚「これはねぇ、しーっかり覚えてるよ!柚、実はf5を巡る攻防をしている様に見せながら、ちゃっかり20. Nf5を用意してたんだもん!以下 gf 21. gf Kh8 22. Rg2 Ne8 23. Reg1(Fig.1.7.1)まで持って行ければ、白は先にナイトを損しているけど、次の24. Rg8#を見せて優勢だもんネ!」

f:id:rikkaranko:20170407191844j:plain

(Fif.1.7.1 : 柚の狙い筋、19.Rg1 の後黒が何もしなければ、20. Nf5 gf 21. gf Kh8 22. Rg2 Ne8 23. Reg1 と進んで白優勢)

 

忍「このダブル・ルークの寄せまで読み込んでのKh1だったのかぁ……だからフレデリカさんはナイトを消すBxe3をこのタイミングで選んだんだね!あ、えーと……」

 

柚「本格的に戦いが始まるわけだけど、ここでいったんCM!」

 

忍「ちょ……」

 

フレデリカ「CMの後も目が離せないね!」

 

忍「」

 

======================

 

奏「忍ちゃんも大変ね……」

 

(続く)