愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

オープニングの理論について(シシリアン・ディフェンスその2)

 

綾瀬穂乃香「今日も楽しみですね、奏さんのチェス講座!」

f:id:rikkaranko:20170322023434j:plain

 

藤忍「そうだねぇ……あんまりにチェスピース持ってる奏さんがお洒落で……アタシ昨日通販でチェスセット頼んじゃった!これでおウチでも勉強できるかな♪」

f:id:rikkaranko:20170322023446j:plain

 

穂乃香「私も買おうかな……なんていうんでしょう、チェスとか将棋とかって、本を読んで一人で勉強しようと思っても、ちゃんとわかっている人に教わってリアルタイムでいろいろ聞けるのとはやっぱり違いますよね」

 

忍「そうなんだよね~……見て、わかった気になっても、なんでそういう考え方が出て来たのかがわかんないから、本だと難しいんだよね~……」

 

穂乃香「そうなんですよね、そういうところをわかってる人に聞けるのは大きいです!」

 

忍「ほんとだね!アタシたちも要領よく誰かに教えられるくらいに早くなりたいね!」

 

ガチャ

「「おはようございまーす」」

 

忍「あれ?奏さんはまだかな……?」

 

ピョコ

「ふふ~ん、なるほどなるほど~」

 

穂乃香「あ、お疲れ様です」

 

一ノ瀬志希「おつかれー♪にゃは、このまえ奏ちゃんがチェスボード広げてたのはこーいうわけだったかー」

f:id:rikkaranko:20170322214352j:plain

 

志希「でもねー、残念♪奏ちゃんは今日は急遽のオシゴトでおやすみだよー……というわけで、このあたしが教えて進ぜよう!」

 

忍「そっかぁ、でもお仕事じゃ仕方ないよね!ぜひぜひ!お願いします!志希さんもチェスわかるんですか?」

 

志希「んーん♪わかんにゃい!」

 

忍・穂乃香「!?」

 

志希「でもねー、向こうで見たことあるし、ピースの動きも知ってるから、なんとかなるよー、きっと♪それに、ここにさっき奏ちゃんが置いて行った本があるじゃろ~?これを読めばこのギフテッドアイドル・志希ちゃんにかかればなんのその~♪」

 

忍・穂乃香(大丈夫かな……)

 

志希「おっと、噂をすれば奏ちゃんからLINEだ!なになにー、前はオープン・シシリアンの基本形の説明までして終わった、って……おっけー♪じゃあ、今日はここから!」

 

 じゃ、やっていこっか。ふっふ~ん、ちょ~っと待ってねー♪こーいうのは、スーガクとかといっしょで、天下り的にパラレルに説明した方がわかりやすいのだ♪

 んーと、なになに?あー、なるほど、この1.e4  c5 ってやったあと、黒の応手に係わらず2.Nf3 ~3.d4 って進行を『オープン・シシリアン』って言うわけね!いっぱいあるにゃあ……これだと志希ちゃん飽きちゃうよ~……

 

穂乃香「前は、2.Nf3 d6と、黒が2手目にd6を突き出す形を奏さんに聞きましたけど……」

 なるほどー、じゃあそれにしよう!さてさて、じゃあ、この形のヴァリエーション4つを比較検討しながら考えていこっかー♪んー、レジンの匂いがするー♪

 今日おとどけする、4つのヴァリエーションは、こっちらー♪

  • ドラゴン・ヴァリエーション
  • シュベニンゲン・ヴァリエーション
  • ナイドルフ・ヴァリエーション
  • クラシカル・ヴァリエーション

 

 ざーっと並べてみよう!ほら、よろしくー♪

 

忍「えぇっ!?えーと……まず、基本の形まで並べよっか」

 

穂乃香「そうですね。私が白を動かしますね」

 

1. e4   c5

 

(うんうん、中央に駒を集めながら自分にとって有利な陣形を敷こう、ってことだねー)

 

2.Nf3   d6  3.d4  cxd4   4.Nxd4   Nf6

 

(っと、ここで2手目に黒はd6以外にも、e5、a6、e6、g6……とかできそうだねー、まぁそれはいっか♪アタシとしてはー、いっきなりNc6とか面白そうで気になるけどね!こんど奏ちゃんにきいてみよう♪)

 

5.Nc3

f:id:rikkaranko:20170322033444j:plain

 

忍「……っと、ここまでだね!手の意味を教えて貰うと、どういう風に考えればいいから忘れないね!」

 

 そうだねー、ニンゲンって単純な記憶はサルより苦手なんだって!知ってたー?だから、長期的に記憶を持たせるためには、そーやってひとつずつリクツつけて覚えていくのがいいんだって♪志希ちゃんはそもそも忘れないからよくわかんないけどねー。

 で、だ!じゃー、まずドラゴン・ヴァリエーションね。

 

  • ドラゴン・ヴァリエーション

 基本図から、5. ~ g6!っと。こうだね。

f:id:rikkaranko:20170322222652j:plain

 ふんふん、なるほどー……じゃあ次!

 

穂乃香「あの、この手の説明とかは……」

 

 あー、それは、4つ全部並べてからやろっかー♪その方が、手が広い局面でプレイヤーたちがどんなこと考えながらひとつの作戦を選んでるのか、とかがわかるはずだし?

 

  • シュベニンゲン・ヴァリエーション

 これは、基本図から、ズバリ5. ~ e6っと、こう。なるほどね~!

f:id:rikkaranko:20170322223216j:plain

 

  • ナイドルフ・ヴァリエーション

 基本図からー、5. ~ a6かー。おお!端歩……ってちょっと違うかー、まぁいいや♪

f:id:rikkaranko:20170322223531j:plain

忍・穂乃香(……端歩??)

 

 なんでもないよー、じゃあ最後!

  • クラシカル・ヴァリエーション

 最後に、5. ~ Nc6と。4つのナイトが一同に会したよ~、高ぶってきちゃったわー♪

f:id:rikkaranko:20170322223931j:plain

 

 ……と、4つの変化を並べてみたけれど、なるほどなるほど♪わかるわ、わかるわー……おっと、これは別のアイドルだ、にゃははー♪

 さてさて、じゃあ、手を変えたのは黒だから、黒の気分になってみよう。黒番のキモチになるですよー♪4つの中で一番攻撃的なのはどれかにゃ?穂乃香ちゃん!

 

穂乃香「ええっ?!えーっと、最後のクラシカル・ヴァリエーションかなって」

 

 ほうほう。それはどうして?

 

穂乃香「ナイトを中央に使っているから、一番ピースがぶつかりやすいんじゃないかと思うんですけど」

 

 なるほどにゃ~。駒がぶつかりやすいと攻撃的なのかな?

 

穂乃香「そんな感じはしますけど……どうなんですかねぇ……」

 

 ん~、志希ちゃんもよくわかんない!じゃ、一番守備的なのはどれ、忍ちゃん!

 

忍「アタシは、シュベニンケン・ヴァリエーションなんじゃないかなって!真ん中のポーンをついてセンターをコントロールするのを目指しながら、相手のピースが真ん中に出て来るのを防いでるからです!」

 

 ほほ~、なかなかイイ線行ってるよ~♪でも、ふたりとも残念!

 

忍・穂乃香「ええっ」

 

 まず、一番攻撃的なのはね~、ズバリ!ドラゴン・ヴァリエーションだよ!!

 

穂乃香「どうしてですか?」

 

 だってドラゴンだもん!っていうのはジョーダン♪なんでg6とここのポーンを突いたんだと思う?ここを突くと何が出来るようになるかな~、ふっふーん♪

 

忍「あ!ビショップが出られるよ!」

 

 そうだよ~、じゃあ、今度はビショップってピースについて考えてみようじゃないか諸君!ビショップはどんなピースだっけ??

 

穂乃香「斜めに利くピースですよね」

 

 そうだね~。ところで知ってた?将棋だと飛車と角が『大駒』として扱われるけど、チェスではビショップは『大駒』として使われないんだよ!ルークは大駒なのにね。なんでかな~ルークとビショップは何が違うのかな~……

 

忍「ルークは縦横に利くけど、ビショップは斜め!」

 

穂乃香「それは当たり前なんじゃ……」

 

 忍ちゃん正解!一番違うのは動き方だね~。その動き方の結果、ルークはチェスボードのどこにいても縦横合わせて14マスに潜在的な利きがあるけれど、ビショップは場所によって潜在的に利いているマスの数が違うんだよ!わお!せっかくのビショップ、一番効率よく使ってあげようではないか~♪

 ところで、『ビショップを一番効率よく使える場所』ってどこだろうね~?

 

穂乃香「それは、ここだと思います。このマスメのところにいればどこでも、潜在的に13マスに利きますから」

f:id:rikkaranko:20170322230209j:plain

 そうだね!つまり、ビショップを効率よく使ってあげるためには、いち早くこの4マスのどこかにビショップを配置できるような動かし方を考えてあげればよいのだ~♪

 ここで、さっきのドラゴン・ヴァリエーションに戻ってみよう!g6とナイトの上のポーンを動かしたことで、黒は次にBg7とできるね。チェスボードの対角線上にいるビショップはいつでもビショップが一番働ける4マスに到達できるから、働きがすごくいいって言えるんじゃないかな~♪

f:id:rikkaranko:20170322230848j:plain

 というわけで、これが実は一番積極的で、つまりはコーゲキ的な作戦なのだー、にゃはは♪

 

穂乃香「じゃあ、一番守備的なのは、相手のビショップの進出を阻むナイドルフ・ヴァリエーション……?」

 

 おっ、そうだよ~♪

 

忍「ちょっと待って!どーいうこと……?」

 

 穂乃香ちゃん、説明してあげてよ~。志希ちゃん疲れちゃった!

 

穂乃香「えーっと、白がd4と突いた手は、黒のc5のポーンにぶつけてセンターをコントロールしようっていう狙いの後ろに、ビショップの利きを通したっていう大きな意味があって。だから、いつでも白はBb5と黒のキングにチェックを掛けながらビショップを活用することができるんです」

f:id:rikkaranko:20170322231453j:plain

 

忍「なるほどー……」

 

穂乃香「このビショップを予め防いでいる手が、ナイドルフ・ヴァリエーションの黒のa6なんですね。相手の手を先回りして受けているから、一番堅実で、ある意味守備的なのかなぁと……そうですよね、志希さん……ってあら?」

 

忍「あれ?いない……荷物もない!」

 

穂乃香「奏さんが、『気が付くとあの子はいなくなってる』って言ってたけど……本当だったんだ……」

 

忍「奏さんが教えてくれたみたいに『何をするためにこの手を選ぶか』っていう考え方の他に、既に指された手から『これは何をするために選ばれた手なのか』っていう考え方もあるんだねぇ~……」

 

穂乃香「どうやって考えるのか、を教えて貰えたから、もう私たちだけでも本で勉強できる気がします!」

 

忍「そうだね!続けよっか!」

 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

志希「ふっふ~♪アタシもチェスセット買っちゃおうかな~♪なかなか奥が深そーで、いろいろ気になるし~。それにしても、ポーンの上にナイトを置くのって、な~んか不思議。一見するとc2のポーンの使い勝手が悪くなって変な感じなんだけどにゃ~……。ま、ゆっくり考えてみよっかな!『Chess is beautiful enough to waste your life for.』なんてね!

 

(続く)