愛とは、全人生をかけてアイドルにチェスを教えること。

フリルドスクエアと行く、奥深いチェスの旅。

変わりゆく西洋将棋 ―ルイ・ロペス, カロ・ヴァリエーションの先を考える

 

 こんばんは。綾瀬穂乃香です。こうして自分の企画で皆さんとお逢いするのはお久しぶりですね。

f:id:rikkaranko:20170807202011p:plain

 ここは、色んなオープニングを広く浅く大事なところだけ取り上げてみなさんのチェスに役立ててもらおうという『早わかりチェス講座』とは変わって、私が気になったことについて興味のままに掘り下げてみよう、という企画です。

 

 まずは、最近私の事務所で流行っている、ルイ・ロペスからモーフィ・ディフェンスについて考えてみようと思います。

f:id:rikkaranko:20170807212328p:plain

(Figure.1 : Morphy Defense)

 こうですね。1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5と白がビショップを出た形をルイ・ロペス、そして白の3手目で3. ... a6と返した形を、モーフィ・ディフェンスと呼ぶのでした。前に『早わかりチェス講座』の方で取り上げたこともありましたね。

 

 ここで、白には4. Ba4 / Bxc6と選択が早くも強いられています。

f:id:rikkaranko:20170807215617p:plain

(Fig.2 : Morphy Defenseからの分岐)

 今回は、こういう図説を取り入れてみました。

 十時さんの『ととキッチン』リスペクトです!

 話を戻しまして……4. Ba4コロンブス・ヴァリエーションに、4. Bxc6エクスチェンジ・ヴァリエーションへと突入しますね。そして、今回メインに取り上げるのは、4. Ba4 b5と進んだカロ・ヴァリエーションの形です。

 

 ここで白は5. Bb3と盤上この一手ですが、この形がどうなのか、というのはチェスをプレイする者が誰しも考えたことがあるのではないでしょうか。オンライン対戦などをしていても、レートがそれなりにあったり、また数を熟していたりすれば一度や二度見たことがあると思うのですが。

f:id:rikkaranko:20170807220140p:plain

(Fig.3 : Caro Variation~5. Bb3)

 

 コロンブス・ヴァリエーションの局面では手が広く、他に黒から4. ... Bc5 / Nf6など、いろいろあると思います。

 では、カロ・ヴァリエーションの形にする黒からのメリットとは何なのか。それは、このオープニングを取るとある程度読みが絞られる、ということでしょうか。白の手に制限を掛けるような手が黒側に多くあるのが特徴的ですね。

(Fig.3)のこの局面では、白の5手目としては有力な手が二つあります。5. ... Nf65. ... Bb7ですね。

f:id:rikkaranko:20170807221551p:plain

(Fig.3.1)

 このカロ・ヴァリエーション以後のラインについては、今回事務所で行われていたトーナメントで皆さん創意工夫を凝らし色んな研究を披露していましたが……このブームの火付け役となった加蓮さんは、5. ... Nf6を実戦投入しました。このゲームですね。

 このゲームは、ドラマ『シンデレラを探して』の第1話劇中で使われたことも印象的です。

 解説ではアーニャさんがここでは5. ... d6とeポーンとチェインを組みながらビショップの進出路を開ける手も魅力的、と話されていましたね。じっくりした駒組みを可能とする、持久戦向けのムーブでこちらも有力だと思います。

f:id:rikkaranko:20170807221614p:plain

(Fig.4 : 5. ... d6)

 さて、今回のBlitzトーナメントと銘打たれた企画では、大きな条件が一つありました。そうです、『アルマゲドン方式』です。これは持ち時間に差をつけることで、ドローでも黒勝ちにする、というゲームの形式のひとつですね。ということは、黒は無理に勝とうとしなくても、ドローに持ち込めれば良い……これが、カロ・ヴァリエーションを作戦として黒が採用するメリットのひとつになります。

 カロ・ヴァリエーションから始める幾つもの変化の中でも、まだまだ紹介しきれていないものが多くあるのですが、今回の一連の企画の中で、恰も『誰かが新手を出して問題提起をする→それを受けて誰かが自分の研究を披露する』というチェスの歴史に則った流れでラインが洗練されているかのような形を執りながら最終的には『カレン・マキノ・アタック』と便宜的に呼ぶバリエーションを私たちがご紹介したのは、ドロー率の高い局面に黒から誘導することが比較的簡単な手順だから、ということがあったと思います。

 

(Fig.3.1)に戻りますが、ここでの5. ... Nf6は加蓮さんに続いて直ぐ後にフレデリカさんが用いました。これは黒勝ちのゲームですね。

 その後、私も採用しました。こちらは、文香さんの深い読みにしてやられてしまいましたが……。

 そして、この鷺沢vs綾瀬の後で、八神さんが5. ... Bb7と手を替えています。

 この、黒の5手目で採用される手が途中で変わったのは、5. ... Nf6が指せない、という訳では決して無く、鷺沢vs綾瀬戦のように白から勝負しに行く順があるのを黒が予め回避する為だった、というのがあると思うんです。

 ここまでを纏めると、こうなりますね。

 

f:id:rikkaranko:20170807230215p:plain

(Fig.5 : 紹介する実戦のまとめ)

 少し実践例に沿ってこの形を研究してみましょう。

 

 東郷vs北条戦でまず黒が披露したのは、10. ... Na5とナイトを端に跳ねる手でした。

f:id:rikkaranko:20170808000308p:plain

(Fig.6 東郷vs北条戦 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 4. Ba4 b5 5. Bb3 Nf6 6. Nc3 Be7 7. d3 0-0 8. 0-0 d6 9. a4 b4 10. Nd5 Na5 まで)

 実は、ルイ・ロペスの黒番を持って、特にカロ・ヴァリエーションの様に白のビショップを手順にBb3まで追ってからこれを責めにナイトをNa5と跳ねる黒の手は結構前からありまして……

f:id:rikkaranko:20170808000738p:plain

(c.f. Fig.6.1 Norwegian Variation : Caro Variation~5. Bb3 Na5 まで)

 ノルウィージャン・バリエーションというのですが、黒が5手目にいきなり跳ねてしまう、という『あくまで白の3. Bb5を苛め抜く』という概念の変化ですね。このタイミングで仕掛けるのが良いかどうかはさておいて、こういう攻め筋は黒番の手の候補としてあることにはありました。今はスタンダードでない変化でも、知っていると別の局面で同じような構想に結びつくことがあるので、昔のラインも勉強しておくと役に立つことがあるんですよ~!しかし、この手が根付かなかったのには、将棋の桂馬と違って8方向に利きがあるナイト、八方桂なんて呼ばれたりもしますが、端のファイルに使ってしまうとどうしても利きが少なくなってしまいますよね。だから一般に端に使うナイトは損だと言われ続けてきましたし、今でも大体の場合そうです。しかし端に使うナイトの価値が相対的に高まる様な場面もここ2,30年では大分研究されてまして、特にハイパー・モダンと呼ばれる様な、ポーンでセンターをコントロールしようという旧来の考えに対し、マイナーピースで自陣を駒組みする、という考えの指し回しと相性がいい、という発見がされていたりしますね。厚みと効率、の関係といってもいいかもしれません。

 

 加蓮さんがこの変化を知っていたのかどうかは不明ですが、東郷vs北条戦では10. Nd5と白が軽く仕掛けに行った瞬間、ビショップの逃げ場がない状況でクロスカウンターを入れるように10. ... Na5が跳んできました。こうして「ルイ・ロペスに対してa6~b5と追い、Bb3と引かせたビショップを狙ってNa5と跳ねる」という研究の筋がお披露目されたのがこのゲームでしたね。このあとは12. Ba2と引いたのに機敏にBe6と合わせ、攻撃ピースとして白が送り出したビショップを、全く動いていなかった白マスビショップで消すことに成功した黒番が優位を握ってこのゲームを勝ち切りました。このコンビネーションは『黒はピースが立ち遅れている』というところを狙って駒組みしていた白を脅かしましたね。ここで、白はこの形に対して何か策を練ることが求められたんじゃないでしょうか。

 もうひとつこのゲームで注目しておきたいところがあるとすれば、それは白から9. a4 b4と後に鷹富士さんが採用し、更にフレデリカさんも使うことになる端攻めの筋が部分的に出てきていることでしょうか。序盤にビショップを追うために2手かけたa6~b5はクイーンサイドを伸ばし過ぎている、という見方も白からは出来ます。この伸び過ぎを咎める手として白は端攻めをしたい、というのはもうこのゲームで既に出ていたんです。流石は東郷さん、といったところでしょうか。当たりが変わっていたらトーナメント最後の方まで残っていたとしても何もおかしくなかった強豪の一人です。

 

 次が鷹富士vs宮本戦ですね。8×8マス、ピースは32個、そして2ムーブ1手ということもあり、将棋より遥かに短い手数で終わることが多いチェスにあって、89手という長手数を記録した激闘のゲームでした。

f:id:rikkaranko:20170808004336p:plain

(Fig.7 鷹富士vs宮本戦 : Caro Variation~5. Bb3 Nf6 6. 0-0 Be7 7. a4 b4 8. d4 d6 9. de de 10. Qxd8+ Bxd8 まで)

 白が6手目にキャスリングを急いだのは、前述の東郷vs北条戦では黒が先にキャスリングをしたために、早目の攻勢を取ることが出来たというのがあったからですね。また、0-0の一手を入れておくことで、Rh1をいつでもRe1やRd1と引っ張って来て戦線に参加させられるようになります。キングを戦場から遠ざけるのと同じくらい、戦車を戦場に持ち込むと云う点で重要な手なんですよ。

 キャスリングをしてから7. a4と端に手を掛け、ギャンビットの様に交換を強いました。そして中央からクイーン・エクスチェンジを仕掛け、ビショップを8段目まで引かせる、とここまでは白番の鷹富士さんがペースをつかんでいたように見えたのですが。この局面が私たちの目に映るほどには白有利ではない、というのが新しい発見でした。本譜では以下11. Be3 Be7 12.  Nbd2 0-0 13. Rad1 h6 14. h3 Rd8 15. Nc4 Rxd1 16. Rxd1 Be6と進んで黒が勝ち切りました。15. Nc4は白の勝負気味な手でしたが、白が無理をして端を咎めdファイルから火を点けた割には戦果に乏しく、ピースが減れば減るほどドロー濃厚になる展開、ということでお二方も対局後の感想戦では一致したそうです。13.Rad1~14. ... Rd8~15. ... Rxd1~16. Rxd1とルーク交換を仕掛けて戦力を削ぐ黒の方針が良い様で、白からパッとした仕掛けがない、ということでしたね。しかしながら、7.a4 b4と形を決めさせ端と中央との両方から黒陣に火を点ける、という白のスタイルが確立されたかのように思われたのがこのゲームです。40手80ムーブスに及ぶエンディングの収束と、文香さんの詩的な解説が優しい名局でした。

 

 3ゲーム目が、悔いの残る自戦になります。鷺沢vs綾瀬戦ですね。加蓮さんが指し始めたということで、忍さんがカレン・ディフェンスと仮称を付けたそうですね。後ほど、Nf6は黒から攻めている手だからカレン・アタックではないか~とか、マキノさんのBb7を先に挟むことでシステム化し、カレン・マキノ・アタックと呼ばれることになった~とか、兎に角同じ形が頻出する中で何かわかりやすい名前が必要とされる……というのはあったと思います。

 本譜では自在流・文香さんが大胆にもキャスリングの1手すら惜しんで『手順に引かされたBb3を活かす』という構想で黒番を攻め倒しました。そして以後、この考えが白番の通底概念になっていきます。

f:id:rikkaranko:20170808021749p:plain

(Fig.8 : 鷺沢vs綾瀬戦 : Caro Variation~5. Bb3 Nf6 6. a4 b4 7. d4 ed 8. e5 Ne4 9. Bd5 まで)

 白が早々に1ポーン損をするのですが、こう進んで黒の9手目では、Ne4を逃がさなければなりません。そして逃げ場は9. ... Nc5唯一なのですが、このときに白は10. Nxd4と損を取り返しながら黒の狙い筋であるマイナーピースのコンビネーションを乱していくことが出来るんです。こうして序盤で作られた白のアドバンテージは、クイーンサイドでお互いルークを取り合っても縮まることがないどころか突き放されました。決め手はまさかまさかの白からの端ナイト19. Na3!という、完敗と言っても過言じゃない試合でしたが……いつかリベンジを果たしたいものですね。

 こうして9. Bd5とセンターの好位置に白のビショップが出て来ると、黒はフィアンケットをしながらBb7と備えることになります。先にBb7が入っていればBd5から駒組みを乱す筋は消すことが出来ますが、逆だと黒はBd5の1手に対してBb7~Bxd5と2手かけて対応しなければならない。これが、八神さんの5. ... Bb7へと繋がって行くのでした。

 またこのゲームでは苦肉の策として跳んだ8. Ne4でしたが、白のセンターポーンを飛び越してナイトで直接白陣を責める、という構想は後述のゲームに生きて来ることになります。……雪辱の敗戦も、無駄ではなかった、ということでしょうか。

 

 次がアナスタシアvs八神戦ですか。これもまた激戦でした。……って、私さっきからそれしか言ってませんね。えへへ……

f:id:rikkaranko:20170808114414p:plain

(Fig.9 アナスタシアvs八神戦 : Caro Variation~5. Bb3 Bb7 6. a4 b4 7. d4 ed 8. e5 Nge7 9. Nxd4 Na5 まで)

 黒の8手目Nge7は、コツィオ・ディフェンスを彷彿とさせる低い跳ね出しですね。

f:id:rikkaranko:20170808124204p:plain

(c.f.Fig.9.1 Cozio Defense : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 Nge7)

 ナイトは1回の動きでは縦横のどこにもいけませんが、2ムーブあれば縦横2マス先に行くことができます。筋を変える、というのでしょうか。時に低く跳ね、次にナイトのファイルを一つずらす手は凡ながら適切に使えれば高等テクニックです。

 そして黒9手目のNa5が鋭手一閃という手で、Bb3まで引かせたビショップに当たっていることはもとより、キャスリング前のキングサイドにフィアンケットしたBb7のダイアゴナルが当たっている、というのが黒の自慢になります。白がセンターでピースを捌こうとするとこの両狙いが厳しいのですね。ミドルゲームではお互いにピースを交換する半手の損すら惜しんだ、テンポ重視の鍔迫り合いが印象深いゲームとなりましたが、思い返せば中盤入りの時点でそれほど差が縮まっているということは、以降ブランダーでもしない限りは黒はドローにすべく喰いついて行けばいいという、ある意味とてもやり易い試合運びになったのではないでしょうか。白を持ったのがアーニャさんでしたし、勝敗は本ゲームもドローに落ち着きましたが……ところで、前局の解説では「エクスチェンジ・ヴァリエーションにするから私には関係ない」とまで言い切ったアーニャさんが本ゲームでコロンブス・ヴァリエーションを採用したのは、何か思うところがあったのでしょうか。私、気になります。

 

 こうして脈々と研究手を加えながら指されてきたライン河の傍流ともいえるのが、準決勝の宮本vs北条戦ですね。カコ・ギャンビットは手抜ける、そしてNf6ではなくBc5と出る手で攻めのイニシアチブを握りに行く、という面白い研究が火を噴きました。

(Fig.10 宮本vs北条戦 : Caro Variation~5. Bb3 Bb7 6. a4 Bc5 7. 0-0 Nf6 8. ab ab 9. Rxa8 Qxa8 まで)

 こう進んだ局面では、クイーンサイドのルーク交換が起こっていますが、キャスリングをした白のキングサイドを、手順にBb7~Qa8の最長ダイアゴナルでのバッテリーが狙っているほか、黒からはいつでもQa1と『ローマの休日』よろしくクイーンが白陣に遊びに行けるということで、とてもじゃないけれど白から纏めづらい展開になりました。黒からh6と自陣の隙を消す手が入ったのも激辛流の加蓮さんらしいと思いましたが、私たちは決勝戦で全く同じ符号が攻撃手として入る瞬間を目撃することになるとはこのとき思ってもみませんでしたね。6. a4と伸ばしたところにポーンをぶつけてくる手は、ディクラインするわけでもアクセプトする訳でもなく、『手抜いて』Bc5と出て黒が良さそうだ、という本譜の為に、長らく白が有力視していたa4 b4の交換を入れてからdファイルを食い破る、という順も見直しが迫られました。

 加蓮さんがNf6よりBc5を急いだのは鷺沢vs綾瀬戦の白番のように、白がキャスリングを惜しんで仕掛ける順を気にしてのことだったといいます。逆に、白から0-0と入れてくれればそのタイミングでNf6を跳ねればよい、ということで、速攻でキングサイドへとピースを利かせるのは好判断でしたね。

 

 ここで最後に決勝戦のゲームを振り返る前に、今一度基本図の(Fig.3)に立ち戻ってみましょうか。

f:id:rikkaranko:20170807220140p:plain

(再掲Fig.3)

 この図の後に、こちらを見て貰いましょう。

(Fig.3.2 Italian Game : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4)

 こうして3手目にBb5ではなくBc4と出るオープニングで、イタリアン・ゲームというのがありますが、このビショップ出の意味とは何ぞや、ということを皆さんと考えたことがありました!これですね。

 そして、この手の意味は、『f4という、初期配置では黒のキングにしか守られていない最弱のマスを責める手』だという答えに行き着いたのを、覚えて貰えてますか。そうなんです。a6~b5と手順に追い掛けられてBb3引か『された』白のビショップは、なんと手順に最弱のマスに利か『された』も同然なんですね。なので、端を攻めても戦果に乏しかった現状、白が考えるべきはこの最弱のマスに利いているBb3を活用して黒を攻め返せないか、ということになります。

 ここに至って、白からNg5と跳ねてみたい、という考えに至る訳ですね。イタリアン・ゲームの解説でも白からBc4~Ng5~Nf7でフォークを掛ける狙い筋を紹介しました。しかし、ただこの形で単に跳ねるのは直ぐにQxg6と鹵獲されてノーサイドです。では、クイーンのダイアゴナルが切れた瞬間にならどうでしょう……?

f:id:rikkaranko:20170808150222p:plain

(Fig.11 北条vs八神 : Caro Variation~5. Bb3 Bb7 6. 0-0 Nf6 7. Ng5 まで)

 これが、決勝戦の北条vs八神戦の前提でした。黒は6手目Nf6で自らQd8の利きを切りました。このタイミングで、7. Ng5と仕掛けてどうか。そしてこれは黒勝ちになります。

 ここで皆さんに観て頂きたい進行が実はもう一つあって……それは、

f:id:rikkaranko:20170808150740p:plain

(c.f.Fig.11.1  Arkhangelsk Defense : Columbus Variation~Nf6 5. 0-0 b5 6. Bb3 Bb7)

の変化のラインである、

f:id:rikkaranko:20170808151029p:plain

(c.f.Fig.11.2 : Arkhangelsk Defense~7. Ng5 d5 8. ed Nd4)

というものです。ここまで来ると、本譜と合流しているのが瞭然ですよね。d5~Nd4というので黒が指せるのはチェスの難しさを感じさせるところです。つまり、この唯一のタイミングで7. Ng5から速攻を狙うのは黒に絶妙な返し技があって不可ということになりますね。

 アルハンゲルスク・ディフェンスもなかなか関心深い筋で、Columbus Variation~Nf6 5. 0-0 b5 6. Bb3 Bb7 7. Re1 Bc5 8. c3 Ng4 9. d4 edと進め10. cdには10. ... Nxd4 11. Nxd4 Qh4!という黒から嵌める手もあったり(以後は12. Nf3 Qxf2+ 13. Kh1 Qg1+ 14. Nxg1 Nf2#という頓死がありますね)、面白いのですがこれはまた別の機会にフォーカスすることにしましょうか。

 いずれにせよ、白は黒陣のe~fファイルを狙って攻撃態勢を築いていきたいところです。なので、5. 0-0と能う限り早くキャスリングを済ませようというのは、入城と同時にルークをfファイルに利かせ、次にRe1とeファイルに宗旨替えするような手も可能にするので自然な手だと思います。

 

 ところで、本譜は割かし短手数の決着となりましたが、それは序盤12手目にして白がメジャーピースであるルークを切ることを強制されたからでした。このルークは0-0のキングサイド・キャスリングから来たルークです。この局面ですね。

f:id:rikkaranko:20170808152451p:plain

(Fig. 12 : Fig.11~7. ... d5 8. ed Nd4 9. Re1 Be7 10. Rxe5 0-0 11. Nc3 Nd7 12. Rxe7 まで)

 では、本当にここでルークを逃がす手がなかったのか、考えてみましょうか。

 12. Re6は……ポーンの利きに飛び込む意味がわかりませんね。同じくナイトの利きに飛び込む12. Re2もないです。

 黒のNd4に当てながら引く12. Re4は……普通に12. ... Nxb3 13. ab Bxg5と黒は指したい手を指せばよく、最後の手が第5ランクにルークを利かせておかなかったがための手損駒損につながるので、大駒を可愛がった割には白がだいぶ悪いです。Bxd5の取り込みが当たるのも気になりますね。

 12. Re3は……ナイトを取る12. ... Bxg5が引いたばかりのルークに当たってきます。

 12. Re1と元の位置に引くのは……やはり単に12. ... Bxg5で、白はナイトとポーンの交換に甘んじたことになってしまいます。

 少しひねって12. Nxh7という手を考えてみましょうか。これは12. ... Kxh7と取ってくれれば13. Rh5+とでもルークを逃げることができます。しかしまぁ、ナイト損なのでこれでも黒が有利~優勢でしょう。もっと言えば、これは手抜いて12. ... Nxe5と強く前に出る方が黒の優勢につながると思います。13. Nxf8 Bxf8とルーク交換になりますが、以下14. d3 Qh4 15. Ne4 Be7 16. Be3 Nxb3 17. ab Bxd5 18. f3 f5 19. Nc3 Bb7 20. Qe1 Qf6 21. Qg3 Bd6 22. Qg5 Qxg5と押し込んで黒勝ちでしょうね。働きの差が歴然としています。

 どうやら、Be7が白のNg5に利いているので、損を拡大しないためにはルークを切らねばならないが、切っても悪いという状態のようですね。コレラとペストの2つの病気から、少しでもマシな方を選んだだけのような感じです。

 今の検討を纏めると、こんな様子ですね。

f:id:rikkaranko:20170808222821p:plain

(Fig.13 : 白12手目の検討) 

 では、11手目の段階で替えて11. Nf3とナイトを避けておくのはどうなのでしょう?

 ……実はこれにも11. ... Qd6という手があります。ルークを避けると12. ... Ng4から畳み掛けられてしまうので、白は12. Nxd4とルークを見切ることになりますが、結局ここで戦車を1基失うのは避けられないようです。そして、この形の方がNc3の一手が入っていない分、白のクイーンサイドのピースが立ち遅れているような気もして、悪いながらどちらが悪いのか難しいようです。

 

 以上6つの実戦譜を使って考察をしてきましたが、黒の戦型が決まった瞬間の6手目白の他の手としては例えば5. ... Bb7に対して以下edの黒の取り込みからc3~0-0を期待する6. d4や、低く構えてポーンの連結をよくする6. d3、他には先に6. c3と突いて次にd4を見せる手なんていかがでしょう?

f:id:rikkaranko:20170808224309p:plain

(Fig.14 : 白の6手目候補)

 最初の6. d4に関しては、6. ... ed以外にも6. ... Nxd46. ... Qe7、手堅く6. ... d6などがあって、黒の応手を絞ることが出来ないように思います。イメージですが、他の2つと比べると、明確な主張を持って指してくる黒に対する白の序盤としては少しぼやけた手な気もしますね。

 6. d3 / c3は次に白から0-0と指して穏やかな流れになるので、フィアンケットを素早く組んだ黒からの反撃の目を気にしながらの持久戦調になりそうです。これも掘ればまだ何かまだ見ぬ鉱脈が眠っている可能性はあって、断言できないのがもどかしく、またそれがチェスの面白さに深淵を与えているのでしょう。

 

 黒5手目から替えるなら、5. ... Na5ノルウェージャン・ディフェンスは上述ですが、5. ... Bc5グラーツ・ディフェンスなど応用の効きそうな形も幾つもありますね。

 他にもCaro Variationに入るタイミングで黒から手を替えて、例えばf5Bc5d6Nge7なんて手も考えられ、ルイ・ロペスというチェスをやる人なら名前くらいは誰でも聞いたことがある様な戦型ひとつぽっちをとっても、厖大な可能性が眠っていると思うと、チェスをやるには短すぎる人生の時間を感じてゾッとするとともに、チェスは根源的に時間的存在である私たちの人生であると共に、過去の堆積の上に私たちが観測しきれない程に分岐し確定した未来を見ている宇宙そのものでもあるのかもしれない……そんなことを思わずにいられませんね。

 

 序盤は本のように、中盤は奇術師のように、終盤は機械のように指しなさい。

 という言葉が、我々の生きるチェスの世界にはあります。しかし、"Book Player"という英語は、『本に載っている序盤しか指せない、少しでも外されると応用の利かないダメ・プレイヤー』という意味もあるようで、難しいところですね。

 中盤は奇術師のように……といいますが、それは単に相手を幻惑する、という以上に、『綿密な下準備の上に、一瞬の華美なテクニックで見る者を魅了する』という意味もあるのかしら。

 

 このコーナーは今後もときどき続けていきたいと思います。『早わかりチェス講座』に比べると、グッと難易度も増していますが、お付き合い頂ければ幸いです。次は何にしようかしら……エクスチェンジ・ヴァリエーションを取り上げるのも面白いけれど、ヘッジホッグ・ディフェンスを掘り下げてみるのも興味がありますね。それではみなさん、夏バテなどしないようご自愛くださいね。綾瀬穂乃香でした。

 

(続く)

 

大盤解説会場 『第1回Blitzトーナメント決勝三番勝負第3ゲーム[北条加蓮 vs 八神マキノ](解説・アナスタシア / 聞き手・喜多見柚)』

 

喜多見柚「やっほー!会場のみんな!柚だよー!」

f:id:rikkaranko:20170806104056p:plain

アナスタシア「プリヴェート、みなさん!」

f:id:rikkaranko:20170806104156p:plain

柚「今日はトーナメントの最終戦北条加蓮vs八神マキノの決勝三番勝負・第3ラウンドを、みんなと一緒に観て行くよー!よろしくねーッ!」

 

ユズチャンカワイイゾー! ユズ-!!  アーニャコッチムイテ-!!

 

アナスタシア「ユズと一緒に、頑張って行きたいですね?よろしく、お願いします」

 

柚「ここまで決勝三番勝負は第1ラウンドが先手・北条でドロー、第2ラウンドが先手・八神でドローと、スコアは1-1!いやー……今日の対局ですべてが決まる!かも!」

 

アナスタシア「どちらが勝ってもおかしくない、ふたりとも強いです」

 

柚「内容は前2局ともイタリアンゲームなんだよネ。加蓮さんにマキノさんといえば……そう、カレン・マキノ・アタックだよネ!」

 

アナスタシア「今いちばん流行りの形ですね?」

 

柚「うん!……だからこそ、ルイ・ロペスにしなかったので前2局はちょっと意外だったんだけれど……本ゲームはどうなるカナ?アタシはルイ・ロペスが観たい!」

 

ミタイ-!!

 

アナスタシア「まだ先手後手も決まってないので、ンー、なんとも……でも、観たいですね」

 

柚「そうこうしてる間に、そろそろ試合開始だネ!みんな、スクリーンを見てー!」

 

アナスタシア「本ゲームの先後決定は、コイントスですね?コインを投げるのは、レナです」

 

柚「表なら加蓮さんが、裏ならマキノさんが白番!さぁどうなる~?ヘッド オア テール!」

 

キィィィン パシッ

 

柚「表です!」

 

アナスタシア「……ということで、本ゲームはカレンの白番ですね」

 

f:id:rikkaranko:20170806111510p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 まで)

柚「ここまではいいよネ」

 

アナスタシア「今日一番指されているオープニング、ですね」

 

柚「ここで加蓮さんがちょっと時間を使って、おお!?」

f:id:rikkaranko:20170806111640p:plain

(Fig.2 : 3. Bb5 まで) 

 

オオー! 

 

柚「やった!」

 

アナスタシア「ルイ・ロペス……!!」

f:id:rikkaranko:20170806111816p:plain

(Fig.3 : 3. ... a6 4. Ba4 b5 5. Bb3 Bb7 6. 0-0 Nf6 まで)

柚「あぁ、本家ふたりのカレン・マキノ・アタックが観られるなんて……!」

 

アナスタシア「ここ最近、多く指されるようになって研究も進み、手順が洗練されてきましたね。黒はBb7~Nf6と形を作ります。このNf6を示したのがカレン、Bb7を指したのがマキノで、二人の手順が合わさってひとつのラインになりました」

 

柚「でも、ここで加蓮さんが白を持っている、というのが面白いよネ。何か更なる研究があるカモ……?」

f:id:rikkaranko:20170806112133p:plain

(Fig.4 : 7. Ng5 まで)

柚「……これか!みんな気になってはいた、白にとっての最後の砦……」

 

アナスタシア「そうですね。f7のマスというのは、スタートポジションではキングにしか守られていませんね?つまりアキレス腱、『最も弱いマス』だということです。カレン・マキノ・アタックでは白のビショップが手順に追い返されて、f7に利きます。なので、それを逆用してNg5と跳ねられたら……というのはあるんじゃないかと事務所でも言われてはいました」

 

柚「ただ単にNg5と跳ねるのは、g5のマスにナナメ駒が利いているから取られておしまい!だから、このダイアゴナルが切れた瞬間なら仕掛けられるんじゃないか……っていうのが、この7手目Ng5!カレン・マキノ・アタックの陣を敷いた黒陣に対して可能な仕掛けの中でも、相当早い仕掛けだけど、これが通るのか、通らないなら黒はどんな応じ方をするのか、これは気になるゲームだネ!」

 

アナスタシア「この決勝戦第3ラウンドにこれを持って来るという気概、そしてこのラインの研究に深く貢献した他ならぬ二人が実戦で相見えての……ということもあり、会場の熱気もすごいですね?」

f:id:rikkaranko:20170806115757p:plain

(Fig.5 : 7. ... d5! まで)

柚「Bb3のダイアゴナルを切るためにはこの一手だけど、これは8. ed~9. Rxe5でポーン損する未来が見えているだけに指せるかどうかが怖い手。ノータイムでの着手ということは、マキノさんには見えているのか、はたまた『知っている』のか……」

f:id:rikkaranko:20170806115827p:plain

(Fig.6 : 8. ed Nd4! まで)

柚「これは鋭手一閃!って感じだネ!」

 

アナスタシア「Nc6と跳ねる手は、Na5の端から攻める手だけではなかった、ということですね。こちらに跳んでも、Bb3に喰いつけるのに代わりはない。フミカを自在流と呼ぶなら、マキノは『緻密流』といったところでしょうか……」

 

柚「……こういう手が入るようだと、終局は意外と速いかもしれないカナ?」

f:id:rikkaranko:20170806115849p:plain

(Fig.7.1 : 9. Re1 Be7 10. Rxe5 0-0 11. Nc3 Nd7! まで)

f:id:rikkaranko:20170806115920p:plain

(Fig.7.2 : 現局面では黒の攻撃ピースが白をこれだけ攻めている)

柚「黒の9手目Be7なんて、手堅い手だよネ!これは10. Rxe5+とチェックを掛けられるのに備えながらビショップを活用する手筋だよー」

 

アナスタシア「チェックを掛けられているとキャスリングができませんからね」

 

柚「はい、ここで控室とビデオ電話を繋いでみましょう!」

 

宮本フレデリカ『フフンフンフン~♪いかなご~♪』

f:id:rikkaranko:20170806133923p:plain

塩見周子『あっ、それシューコちゃんのしりとりネタやんー!』

f:id:rikkaranko:20170806133939p:plain

フレデリカ『いかなご~ゴマ~マルデュ……マル……』

 

鷺沢文香『マルデューク……でしょうか……?』

f:id:rikkaranko:20170806134204j:plain

アナスタシア「あの……」

 

速水奏『ごめんなさいね。彼女たち、暑さと頭使い過ぎとで今ちょっと変なのよ』

f:id:rikkaranko:20170806134100j:plain

周子『割といつもやん?』

 

フレデリカ『フンフフ~♪マルデューク東郷~♪』

 

東郷あい『いや、ちょっと待ってくれるかな』

f:id:rikkaranko:20170806134300j:plain

フレデリカ『わお!フレちゃんの、後ろに、立つな~♪』

 

柚「あはは。収拾つかないネ!」

 

奏『続けてくれていいわよ』

 

アナスタシア「現局面は、黒の11手目Nd7ですね?」

 

鷹富士茄子『白の11手目代えてNf3を私たちは読んでいたのですが、これはNxf3+がチェックで入ってしまうのがやはり嫌だったのでしょうか』

f:id:rikkaranko:20170806134337j:plain

アナスタシア「ダー」

 

奏『そしてNd7ね……こんな返し技があったなんて。これは』

 

アナスタシア「これは」

 

奏『あっ、ごめんなさいね。どうぞ』

 

フレデリカ『これはね~、10. Rxe5と敢えてポーンを取り込ませたことで、この瞬間にナイトがルークに当たるんだよ!しかも、クイーンの利きも復活するから、ナイトとルークの両取りが掛かっちゃうの!ルークを切るのは怖いから引きたいけどね~、引けないんだなこれが~♪例えば、12. Re4とナイトに当てながら引くのとか、一見良さそうなんだけど、12. ... Nxb3 13. abBxg5とやって黒が良し!だから勢い白は大ごマルデュークを切るしかないけど、これは黒が指しやすそう!』

 

奏『』

 

アナスタシア「」

 

柚「あ、あはは……12. Rxe7 Qxe7の後の13手目はNf3カナ?」

 

茄子『13. Nf3もある手だと思いますが、13. ... Nxf3+ 14. gfと進んだときにやっぱり黒からNc5Qd6など指してみたい手が多い様に思います~』

 

文香『そうですね……。なので、13. f4も考えられるところではありますが……ここは本筋としては13. d3と孤立したNg5に紐をつけてあげるのがよいかと……』

 

柚「なるほど。紐を付けながらセンターも強化できるしネ!対する黒13手目は……b4h6の他だと……?」

 

アナスタシア「ここでナイトを切ってエクスチェンジするNxb3が、白に直線手順を強いれて良いと思いますね。b4は急ぐ手ではないです。後々突いて、ナイトを追ってからBxd5と飛び出すタイミングを待っても、悪くないですね?」

 

柚「確かにー!」

 

f:id:rikkaranko:20170806115934p:plain

(Fig.8 : 12. Rxe7 Qxe7 13. d3 まで)

柚「やっぱりd3だったネ!」

 

サスガフミフミ フミフミノマエガミペロンッテシタイ

 

アナスタシア「ここから13. ... Nxb3と進めば14. abは確実ですね」

f:id:rikkaranko:20170806115957p:plain

(Fig.9 : 13. ... Nxb3 14. ab まで)

茄子『ここで一旦h6と突いてみるのはどうでしょう~?将棋だったら損のない手なのですが……』

 

奏『でも、ここで白ナイトを追うことで、このナイトが活きる展開になったら癪よね。だったらもっと直接的な手がいいんじゃないかしら』

 

柚「例えば……どんなのですか?」

 

奏『今フレデリカと文香は14. ... Rfe8 15. Be3の交換を入れてからb4と突く順を検討しているわね。以下16. Nce4 h6 17. Nh3 Bxd5が一例だけど、これはいきなりb4と突く順と比べて、白がBe3と夜戦の空母よろしく置物と化していたビショップに喝を入れているから、どのくらい黒が良いのかを測り兼ねているみたい』

 

アナスタシア「しかし、口ぶりからすると黒が良いことは一致しているみたいですね?アーニャも、そう思います」

f:id:rikkaranko:20170806120019p:plain

(Fig.10 : 14. ... b4 まで)

柚「マキノさんは直接行きましたかー」

 

アナスタシア「ここで15. Na4と端に逃げるのは明らかに形が酷いですね?なのでNce4 / Ne2の二択ですが、15. Nce4 f5 16. Ng3 f4と黒にfポーンを伸ばされるのは怖いですね」

f:id:rikkaranko:20170806120037p:plain

(Fig.11 : 15. Ne2 Bxd5 まで)

柚「ここで、やっと手番が白に戻ってきたけど……この状況はかなり苦しいカモ。ここではBe3 / Bf4 / Ng3辺りが候補カナ?」

f:id:rikkaranko:20170806120053p:plain

(Fig.12 : 16. Bf4 まで)

文香『これはc7の離れ駒を狙ったビショップの出陣ですが……手抜いてRfe8はどうでしょうか……?』

 

アナスタシア「確かに、Rfe8は主導権を握りながら手渡しをする嫌な手ですが、更に激しく行くならh6ですね?」

 

奏『……激しいわね』

 

アナスタシア「以下16. ... h6 17. Ne4 Bxe4 18. de Nc5 19. f3 Rfd8 20. Qc1 Ne6 21. Be3までほぼ直線の進行で、この順だと黒が順当に勝ちそうです」

 

周子『んー、かといって途中で白から変化させるのも難しそうやしなぁ』

 

柚「a5

 

アナスタシア「ンー?」

 

柚「a5ってどうカナ?」

 

アナスタシア「これはチェスに珍しい、絶対損にならない手ですね?」

 

柚「いや、そうだけどそうじゃなくて……」

 

奏『あ、指したわよ』

f:id:rikkaranko:20170806120134p:plain

(Fig.13 : 16. ... h6 まで)

アナスタシア「17. Nf3Bxf3のエクスチェンジがピッタリで以下寄り形、しかし17. Nh3Bh6と追放されるのが嫌ですね……?」

 

茄子『なので先ほどの17. Ne4 Bxe4 18. de Nc5 19. f3 Rfd8が筋に入っているんですね~』

f:id:rikkaranko:20170806120154p:plain

(Fig.14 : 17. Ne4 Bxe4 18. de Qxe4! まで)

柚「黒から変化した?!」

 

アナスタシア「Qd2には……?」

 

奏『Nf6~Qg6の組替が間に合うらしいのよ』

 

柚「はえ~……この手自体はビショップを脅かしているので、19. Bxc7を催促した手だネ!」 

f:id:rikkaranko:20170806120210p:plain

(Fig.15 : 19. Bxc7 まで)

周子『加蓮ちゃん、ちょっと手つきに力ないなぁ』

 

奏『これはでも、加蓮がまずったわけじゃなくて、マキノを誉めるべきゲームだわ』

 

アナスタシア「Rfc8 / Rfe8 / Nf6、どれも黒良しですね?でも……なんだか、パッとしませんね?」

f:id:rikkaranko:20170806120230p:plain

(Fig.16 : 19. ... a5! まで)

柚「あ」

 

文香『なるほ……』

 

フレデリカ『なるほど~!これ、催促して指させたBxc7そのものを咎めてるんだね!白はここで20. Ng3とクイーンを追いたいけど、そのときに20. ... Qc6とビショップに当てて引く味が良くて、このときにa5の所為で逃げ場が21. Bd6しかないんだけど、このときにRfe8!がよくて寄り筋……と!』

 

文香『……むう(´・3・)』

f:id:rikkaranko:20170806120257p:plain

(Fig.17 : 20. Rxa5 Rxa5 21. Bxa5 Re8 0-1)

 

柚「ここで加蓮さん、投了ですか。お疲れ様でした!」

 

アナスタシア「お疲れさま……でした。激闘、でしたね?」

 

柚「最後は加蓮さんらしい、潔い投了でしたネ!このトナメでは、それぞれの棋風や、投了の美学なんかも見られてなかなか面白い企画だったんじゃないですかネ!」

 

アナスタシア「そうですね……!この後は、勝ったマキノの握手会がありますので、みなさん、そちらもぜひ」

 

柚「では、アタシたちもヒーローインタビューをしに、会場を移りましょうか!」

 

アナスタシア(……それにしても……これはアーニャも、イタリアンを本格的に勉強しないといけないかも、しれませんね?)

 

(続く)

第1回Blitzトーナメント準決勝第2ゲーム[八神マキノ vs 鷺沢文香](解説・北条加蓮 / 聞き手・桃井あずき)

 

北条加蓮「今度はこっちかぁ。忙しいね」

f:id:rikkaranko:20170806060455p:plain

桃井あずき「お疲れ様ですーっ!加蓮さん、決勝戦進出、おめでとうございます!」

f:id:rikkaranko:20170806060154j:plain

加蓮「ふふ、ありがと。さっきまで対局してたのに、もうこうして日常のお仕事に戻ってるの、変な感じだね」

 

あずき「そうかもしれませんね……私たちは準決勝第2ゲーム、八神vs鷺沢の死闘をお送りしますよーっ」

 

加蓮「死闘て」

f:id:rikkaranko:20170806063721p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bc4 まで)

加蓮「避けたかー、何となくそんな気はしたんだよね」

 

あずき「何を……?あ!ルイ・ロペスを八神サンが避けた、ってことですねっ」

 

加蓮「うん、そう。多分彼女は、白番でルイ・ロペスをやる気がないんだろうね。本譜もこうしてイタリアン・ゲームになったよ」

f:id:rikkaranko:20170806064046p:plain

(Fig.2 : 3. ... Bc5 4. d3 Nf6 5. Nc3 まで)

あずき「これはジオッコ・ピアノからイタリアン・フォー・ナイツ・ヴァリエーションですねーっ」

 

加蓮「文香さんはこのフォー・ナイツの形得意だよね。どうするんだろ。ここで先送りにしたd6を突くのかな」

f:id:rikkaranko:20170806064525p:plain

(Fig.3 : 5. ... d6 6. a3 a6 7. Nd5 h6 まで)

あずき「おお!流石、黒の5手目はd6と突いて対称形になったよーっ。で、6. a3 a6とシンメトリーを崩さない手の交換を入れてから、7. Nd5で八神サンが軽妙に仕掛けたのが現局面ってカンジ」

 

加蓮「これ手抜いて端入れたけど……そっか、変に触る方がダメになるんだ。イタリアンはお互いのビショップがお互いの陣のウィークポイントを直に狙ってるから、ルイ・ロペスとビショップの位置が一路違うだけとはいえ全然違うんだよ。難しいよね」

 

あずき「ですね。ところで黒は7手目にhポーンを突きましたけどこれはなんです?」

 

加蓮「これは……気分だね!」

 

あずき「」

 

加蓮「ま、気分って言っても、自分から局面は動かしたくないけど、損になりそうな手も指したくない、そんなときは端ファイルのポーンを取り敢えず突いておく!みたいな。キングの逃走路にもなるし、端からプロモーションして寄せにいく構想も出来るし、一般的には……まぁタイミングにもよるけど?……損になりにくい手、だよね」

f:id:rikkaranko:20170806065110p:plain

(Fig.4 : 8. 0-0 0-0 9. c3 Nxd5 10. ed Ne7 11. Be3 Bxe3 12. fe Ng6 まで)

あずき「おお、過ッ激~!」

 

加蓮「不動のクイーンサイド・ビショップで、黒の攻撃ピースになっていたビショップを刺し違えることに成功したのは、白にとっては大きな戦果だね」

 

あずき「ですね。黒の12手目Ng6はソッポに見えますけどこれはどうでしょ」

 

加蓮「これはeファイルを強めながらクイーンの進出を図ったのかな」

f:id:rikkaranko:20170806070947p:plain

(Fig.5 : 13. d4 Qe7 14. Qc2 ed 15. ed Qe3+ まで)

あずき「14手目edで白にダブルポーンを強要しながら、自分のクイーンがコントロールするファイルをこじ開けた文香さん、15手目にQe3+と強く斬りこみましたねーっ!ヒューッ」

 

加蓮「このチェック自体はRf2と受けるしかないけど……一旦受けてからNe5の狙いがあるんじゃないかな?どうかな?わかんないけど」

 

あずき「Ne5……?タダじゃないですかねー」

 

加蓮「ううん。クイーンの引き場は実質1か所、Qf4しかないけど、fファイルは白のルークがオープンだから。Ne5はポーンに取られそうだけど、ここでfルークがクイーンに当たる反撃の筋がありそう」

 

あずき「あっ……」

f:id:rikkaranko:20170806071617p:plain

(Fig.6 : 16. Rf2 Qf4 17. Ne5! Qg5 18. Nxg6 Qxg6 19. Qxg6 fg 20. Rxf8+ Kxf8 21. Rf1+ Ke8 まで)

あずき「加蓮さんの示した通りの、絶妙のコンビネーションで白が主導権を握りましたねこれは」

 

加蓮「ここでアタシにはちょっと黒からの返し技が見えないんだよね……まぁ単に対局疲れで文香さんが何か地雷を仕掛けてる可能性もなくはないけれど……」

 

あずき「それにしても、このコンビネーションは覚えておきたいですねーっ!キャスリングをしたルークは、fファイルからeファイルにずらして使うことが多いけれど、こんな風に敢えてfファイルに留めておくことで炸裂する筋もあるんだって!」

f:id:rikkaranko:20170806072008p:plain

(Fig.7 : 22. Bd3 Bf5 23. Bxf5 gf 24. Rxf5 b5 25. Kf2 Rd8 26. Ke3 a5 27. g4 a4 28. Kd3 Rb8 29. h4 Ke7 30. Rf1 g6 31. Re1+ Kd7 まで)

あずき「30. Rf1はうまい手渡しですねーっ……」

 

加蓮「ほんとだね。駒割りも駒効率も白が良い。そして八神マキノは間違えない。カパブランカ・リスペクトなのかな。コンピュータよりコンピュータらしい指し回し。思い切った手を、読み切った上に指してくる感じかな」

f:id:rikkaranko:20170806072245p:plain

(Fig.8 : 32. Re6 Rf8 33. Rxg6 Rf3+ 34. Ke2 Rh3 35. Rxh6 Rh2+ 36. Ke3 Rxb2 37. Rh7+ Kc8 38. g5 Rg2 39. Kf4 Kb7 40. h5 b4 41. cb Rf2+ 42. Kg4 Ra2 43. h6 Rxa3 44. Rxc7+! まで)

あずき「うわーっ!え?!あーっ……!」

 

加蓮「いやいや、それじゃ見てる人には何も伝わらないでしょ……」

 

あずき「えぇ……!でもこれ……ウヒョー!これは凄い手ですよっ!!これを見られただけでも今日は来た甲斐があったなぁ……」

 

加蓮「うん、これは正真正銘のタダだよね。刺し違えがある訳でもない。だから、これは凄い手。ここでルークを切ってしまっても、白はhファイルから確実にプロモーションして寄せに行くって宣言だね。八神軍の勝ち狼煙だよこれ。Rf2+Kg4と端に寄ったのは、こうしてルークをサクリファイスしhポーンをプロモーションさせようとするときに、黒からRh3と受けられる手も消していたんだね」

f:id:rikkaranko:20170806074652p:plain

(Fig.9 : 44. ... Kxc7 45. h7 Rc3 46. h8=Q 1-0)

あずき「プロモーションを見届けて、文香さんが投了されましたね。お疲れ様でした!」

 

加蓮「お疲れ様でした。名局だね」

 

あずき「ですねーっ!そして、これで、決勝戦三番勝負に進む二人が決定しましたね!決勝は北条加蓮vs八神マキノです、どうかお見逃しなく!頑張ってくださいねーっ!」

 

加蓮「応援してもらえる内が華。アタシらしく、もうちょっと頑張ろうかな。今日はありがとう」

 

あずき「ありがとうございました!聞き手の桃井あずきと!」

 

加蓮「解説の、北条加蓮でした」

 

(続く)

第1回Blitzトーナメント準決勝第1ゲーム[宮本フレデリカ vs 北条加蓮](解説・鷺沢文香 / 聞き手・工藤忍)

 

藤忍「はろー!いよいよトーナメントも大詰め!準決勝から宮本vs北条戦を解説していきますよ!」

f:id:rikkaranko:20170805012010j:plain

鷺沢文香「宜しくお願いします」

f:id:rikkaranko:20170805012028j:plain

忍「宜しくです!文香さんは第3試合、お疲れ様でした。この後の準決第2ゲームも控えていますが……立て込んできましたね。それにしても……なかなか熱いカードですよね!」

 

文香「そうですね……」

 

忍「早速ですが、文香さんの戦型予想はどうですか?」

 

文香「そうですね……白番がフレデリカさんなので、ルイ・ロペスを投入すれば恐らく『アレ』が観られるのではないかと……」

 

忍「なるほど、『アレ』ですね……それでは見て行きましょう!」

f:id:rikkaranko:20170805001751p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 4. Ba4 b5 まで)

 忍「まぁ、こうですよね!」

 

文香「……モーフィ・ディフェンスa6~b5と突くのは、カロ・カンで知られているカロの手で、カロ・ヴァリエーションと呼ばれているラインです。前からある手はあるのですが、加蓮さんがこれを研究してこのトーナメントに望み成果を上げたのは記憶に新しいですね……」

 

忍「ここから黒はNf6Bb7がこのトーナメントでも指されていますね」

f:id:rikkaranko:20170805003343p:plain

(Fig.2 : 5. Bb3 Bb7 まで)

忍「1回戦の東郷vs北条戦で構想が明らかになり、2回戦では鷹富士vs宮本戦、そして鷺沢vs綾瀬戦と登場しましたね。最近では第3回戦のアナスタシアvs八神戦という大舞台で更に研究が進み新手が出ました。そして実はそのすべてのゲームになんらかの形で文香さんが関係しているということで……自身は白番を持って土をつけましたけど、どんな印象ですか?」 

 

 

文香「非常に優秀だと言わざるを得ないですね……。ルイ・ロペスは白でもっとも指されている形と言っても過言じゃない現在、ドロー率が非常に高い局面に持ち込めるラインというだけでも価値がありますが、そこに黒から動いていくバリエーションも多くあるというので、相手にして非常に厄介です。もっと研究が進んだら、白はルイ・ロペスでa6と突かれた瞬間にエクスチェンジ・ヴァリエーションしか採用できなくなるかもしれません……」

 

忍「ありがとうございます。ここで加蓮さんの5手目はNf6でなくBb7でしたね。これはアナスタシアvs八神戦で八神さんが明らかにした構想で、背景には鷺沢vs綾瀬戦で文香さんがBb3に引いたビショップをBe5とうまく活用する順で勝ち星を得たというのがあるんですねー」

 

文香「先にNf6と跳ねてくれればああやって攻め合いを指向し……というのは鷹富士vs宮本戦を解説していて思ったところで……しかしこうして先にフィアンケットを組まれるとその筋も消えてしまいます。カロ・ヴァリエーションからBb7~Nf6と手順を守るこのラインは、加蓮さんと八神さんのふたりによって完成された、と言えるでしょうか……」

 

忍「さしずめ、カレン・マキノ・ディフェンスですか?」

 

文香「そうですね……いえ、どちらも黒から攻めることを狙っているので、どちらかというとカレン・マキノ・アタックだと思います」

 

忍「新しいラインとして認めてもいいかもしれない、と。なるほど、そんな気もしてきます。では、本譜もNf6と跳ねるのでしょうか」

 

文香「そうですね。まぁ、白の手次第ではあるでしょうけれど……」

f:id:rikkaranko:20170805004246p:plain

(Fig.3 : 6. a4 Bc5 まで)

忍「Bc5……ですか。カレン・アタックのNf6を自ら代えてきましたね……」

 

文香「Nf6も普通に良い応手だと思うのですが……以下7. d3 b4 8. 0-0 Be7 9. Nbd2 0-0くらいでゆっくりした戦いになります」

 

忍「この白から端を触る6. a4は鷹富士さんの手ですね。あのとき黒番を持ってa6~b5を指したのがフレデリカさんです」

 

文香「恐らく、白の6手目がa4以外だったら加蓮さんはNf6と出るつもりだったのでしょう。何か策があると見ていいと思います。前例はb5とぶつかったポーンを解消する手でしたし、これを手抜いてビショップを展開するということは、なにか研究があるのでしょう」

f:id:rikkaranko:20170805005243p:plain

(Fig.4 :  7. 0-0 Nf6 8. ab ab 9. Rxa8 Qxa8 まで)

文香「なるほど、これでルーク交換をしながら手順に最長のダイアゴナルでバッテリーですか……」

 

忍「そして7手目にNf6とやっぱり跳ねましたね。これは6. a4カコ・アタックに対するカレン・マキノ・アタックのバリエーションと言っても良さそうです。現局面はどうでしょう、この黒の研究は有用そうですか?」

 

文香「……白はキャスリングをしたが為に狙われていますね。そして、第8ランク逆サイドのマイナーピースが、完全に立ち遅れています……。つまり、これで指せる、と加蓮さんは言ってるのですか。黒の主張が通る目処を持っている、と……」

 

忍「フレデリカさんも難しそうな顔してますね」

f:id:rikkaranko:20170805005308p:plain

(Fig.5 : 10. d3 b4 11. c3 bc まで)

文香「黒の11手目で代えてQa1と走るのは……物語に出て来る、自分だけの秘密のスポットに入り込めるようで、少しワクワクもしますが……ここは手堅く取り込むのがいいですか……」

 

忍「これは取り方が12. Nxc3 / bcの二通りありますね」

 

文香「これをどちらでとるか……悩ましいですね。12. bcには0-0でしょうが……12. Nxc3にも0-0で良いでしょうか……?」

f:id:rikkaranko:20170805005605p:plain

(Fig.6 : 12. Nxc3 h6 まで)

文香「なるほど、これで隙のない形という訳ですか……キャスリングする前に白の出方を伺う手渡しとしても損のない手です……」

 

忍「相手の将来の手を奪っていく……これが北条流……まるで蜘蛛の巣とか、絡繰り屋敷ですね」

f:id:rikkaranko:20170805005843p:plain

(Fig.7 : 13. Bd2 0-0 14. Qc1 Nd4 15. Nxd4 まで)

文香「……これは15. ... Bxd4の一手ですね。15. ... ed16. Nb5 Bb6 17. Nxc7 Qd8が嫌です。そして15. ... Bxd4 16. Nb5 / Ne2 Ba6 17. Nxd4 ed 18. Qc2 Rb8 19. Rb1 d6 20. f3 c5 21. Ra1 Qb7 22. Ra3 Nd7 23. Bd5 Qxb2 24. Qxb2 Rxb2 25. Bxh6 までは一直線だと思います」

 

忍「その局面の形勢は、文香さんはどう見ますか?」

 

文香「……非常に、白が勝ちづらい展開でしょうか……何か返し技が無ければ、引き分けどころかじりじりと差を伸ばされて黒勝ちまであります」

f:id:rikkaranko:20170805010959p:plain

(Fig.8 : 15. ... Bxd4 16. Nb5 Ba6 17. Nxd4 ed 18. Qc2 Rb8 19. Rb1 d6 20. f3 c5 21. Ra1 Qb7 22. Ra3 Nd7 23. Bd5 Qxb2 24. Qxb2 Rxb2 25. Bxh6 0-1)

文香「ここでは白のRa3が次にRxa6とビショップを抜けるので、24. ... Rxb2で取られそうなビショップを、25. Bxh6とキングサイドを弱めながら捨てる手が手筋ですが……」

 

忍「あら?この手を指した後にフレデリカさんがキングを倒しましたね……」

 

文香「投了、ですか……黒は面倒を見るほかに、Bd3から攻めに行く手もある手の広い局面ですが……相手の考慮の幅も広くなりますし、それにこのビショップ・サクリファイスは初学者には見え難い類の手かも知れません。相手番投了の文化がない将棋に慣れている人々にとっては奇異に映るかもしれませんが、これはベストなタイミングでの投了だと思います……」

 

忍「端攻めは手抜いて逆用できる、ということですか。天才は初太刀で殺す、といいますが……圧倒的でしたね。勝った加蓮さんは決勝戦に一番乗りです!対戦相手は……準決勝第2ゲーム、八神vs鷺沢戦の勝者ですか。文香さんの次の試合ですね!」

 

文香「私は私らしく、盤上に物語を紡ぐだけですので……」

 

忍「それでは、本局はここまでです。聞き手は工藤忍が!」

 

文香「わたくし、鷺沢が解説を務めました」

 

忍「では、文香さんは試合の支度をお願いします」

 

(続く)

 

 

第1回Blitzトーナメント第3回戦第4ゲーム[遊佐こずえ vs 鷺沢文香](解説・速水奏 / 聞き手・綾瀬穂乃香)

 

速水奏「残すところもあと4ゲームなのね」

f:id:rikkaranko:20170806004811j:plain

綾瀬穂乃香「そうですねぇ……」

f:id:rikkaranko:20170806004904j:plain

穂乃香「はい、今日は私たちは第3回戦の最終ゲーム、遊佐こずえvs鷺沢文香戦をお送りします。聞き手の綾瀬穂乃香です」

 

奏「解説は私。よろしくね」

f:id:rikkaranko:20170806012508p:plain

(Figure.1 : 1. d4 Nf6 まで)

穂乃香「これは、インディアン・ゲーム志向のオープニングですね」

 

奏「文香はとにかくオールラウンダーだから。手が広いというか、どんな分岐にも対応していけるような手が彼女のオープニングでは多い気がするわ」

f:id:rikkaranko:20170806012751p:plain

(Fig.2 : 2. Nf3 e6 3. e3 c5 4. c4 d5 まで)

穂乃香「2. Nf3ナイツ・ヴァリエーションに、そして2. ... e6 3. e3とこの手はユスポフ・ルービンシュタイン・システムと呼ばれる形ですね。これは面白いゲームです」

 

奏「えぇ……超が付くくらいの力戦形じゃないの……黒の3手目c5は細かい罠ね。4. dcにはBxc5と手順にビショップを展開しようという感じかしら」

 

穂乃香「4. c4に文香さんは対称形にするd5で返しましたね」

 

奏「チェスは対称形で始まるわけだから、仕掛けられて直ぐ悪くならないなら黒は対称形を取ればいい。でも、言うは容易いけど、実際には白に仕掛けられるのが常にあるから、行うのは言う程簡単なことじゃないのよ。寧ろ、とても神経を使うわね……これは自在流・鷺沢文香の面目躍如よ」

 

穂乃香「ここで対称形にしない手だとどんなのがあると思いますか?」

 

奏「そうね……4. ... cd 5. ed Bb5+ 6. Nc6 0-0なんて進行もあったかしら」

f:id:rikkaranko:20170806013742p:plain

(Fig.3 : 5. Be2 Nc6 6. Nc3 Be7 まで)

穂乃香「また対称形になりましたね……」

 

奏「局面はもう緊迫しているけど、二人とも楽しそうね。鏡指し……鏡の国の夢でも、二人は盤上に見ているのかしら?」

f:id:rikkaranko:20170806014110p:plain

(Fig.4 : 7. 0-0 0-0 8. b3 b6 9. Bb2 Bb7 まで)

奏「鏡の国もここまでかしら。戦火の足音からは逃げられないみたい」

 

穂乃香「お互いキャスリングもフィアンケットも済ませ、ナイトも中央16マスに使って万全の布陣、という感じですね。ここまで整うまでお互いが暗黙の了解のように手を出さなかったのは、ここから華々しい戦いになるからでしょうか……」

f:id:rikkaranko:20170806014349p:plain

(Fig.5 : 10. cd Nxd5 11. Nxd5 ed 12. Rc1 Rc8 13. dc bd 14. Qc2 Qd7 15. Rfd1 Nb4 まで)

穂乃香「白から均衡を破りに手を付けましたね」

 

奏「この衝突で面白いのは、相手の首を取るのを目的に戦火が交えられた、というよりはお互いが我が道を行って国土拡大に努めた結果の衝突、みたいな印象があるところよね」

 

穂乃香「そうですね。ちょっと独特なリズムです」

 

奏「そして15. ... Nb4で今度こそ、文香が軽く仕掛けに行ったわね。これは16. Qb2の一手かしら?」

 

穂乃香「そうですね。じゃないと16. ... Nxa2が入りますから」

f:id:rikkaranko:20170806014821p:plain

(Fig.6 : 16. Qd2 Nxa2 17. Ra1 Nb4 18. Bc3 Qc7 19. Bxb4 cb 20. Rxa7 Ra8 21. Rxa8 Rxa8 まで)

穂乃香「16. Qd2にはヒヤリとしましたけど……手順に逆用しようということだったんですね」

 

奏「流石、今大会きってのダークホースね……。文香と互角にやりあって独創性まで見せられるとか、たまらないわ」

f:id:rikkaranko:20170806015008p:plain

(Fig.7 : 22. Rc1 Qd6 23. g3 Qb6 まで)

奏「黒陣はBb7とフィアンケットをしているから、攻撃力の分、クイーンサイドが少し弱くなっているのよね。まぁ、それは白も同形だから同じなのだけど……これが1手の差ってやつかしら」

 

穂乃香「そうですね。そしてそれは文香さんもご存じなのだと思うので、技があるのでしょうね。ところで、22手目ではQd6に代えてQb6もあった気がするんですけど」

 

奏「そうね。どうせ23手目で指すなら初めから……というのもあったでしょうけれど。この23手目Qb6は24. Bb5と出る手を消しているのね。だから、22. ... Qd6 23. Bb5という展開では文香にも何か算段があったけれど、22. ... Qd6 23. Bb5 g3を経てのg3~Bb5は厭なところがあったのかしら。……嫌よ、私は読まないわよ。文香の、人を読みの海に突き落とす様な手は真っ向からハマったら普通は負けるわ」

f:id:rikkaranko:20170806015027p:plain

(Fig.8 : 24. h4 Bf6 25. Qd3 g6 26. Qb5 Qxb5 27. Bxb5 Bc3 まで)

穂乃香「クイーン交換が起こりましたが、それでも拮抗していますね」

 

奏「二人とも才能は十二分にあるわ。ただ、ここでちょっと文香が経験という武器でちょっと優位を稼いだかしら。27手目Bc3b4のポーンと連結することで、白のルークが自陣に潜ることを防いだ細やかな受けのテクニックよ」

 

穂乃香「指す手が難しいときこそ、高い精度の基本の手。ある意味最も難しい、チェスの基本ですね」

f:id:rikkaranko:20170806015055p:plain

(Fig.9 : 28. g4 Ra3 29. Ba4 Ra2 30. g5 Rb2 31. Rd1 h5 32. gh e.p. f6 33. Nd4 Kh7 34. Kg2 Kxh6 35. Kg3 f5 36. Kf3 Kg7 37. Ne6+ Kf6 38. Nd4 Ba6 39. Kg2 Ke5 まで) 

奏「玉頭戦ほんっと強いわよね。これが読む力……って感じを受けるわ」

 

穂乃香「文香さんの目には幾通りの物語が、盤上の登場人物の未来が見えているんでしょうか」

 

奏「それは文香にしかわからないけれど……見て。彼女の楽しそうな顔。どうやら、人生というチェスボードの上にある物語は、悲劇だけではないらしいわよ」

f:id:rikkaranko:20170806015140p:plain

(Fig.10 : 40. Nf3+ Kd6 41. Nd4 f4 42. ef Bxd4 43. Rxd4 Kc5 44. Rd1 d4 45. Rc1+ Kd5 46. Bc6+ Ke6 47. Be4 Be2 48. Rc6+ Kd7 49. Rxg6 d3 50. Bf3 Rxb3 51. h5 Rb1 まで)

穂乃香「文香さんのキングは、本当に私たちの使うピースと同じなのか不思議になる時がありますね。それくらい、よく動く最強の攻め駒だなぁと。これだけキングを捌いてミドルゲームを操れれば、チェスがもっと面白いんだろうなぁって、憧れます」

 

奏「そして見て。駒割りは白の方が依然有利なの。駒効率が違うから、黒が確実に勝ちに近づいているけれど。これが天性のストーリー・テラーなのね……」

f:id:rikkaranko:20170806015153p:plain

(Fig.11 : 52. Bc6+ Kc7 53. h6 d2 54. Ba4 b3 55. Rc6+ Kb7 56. Rd6 d1=R まで)

穂乃香「55手目はKb7この一手ですね」

 

奏「そうね……じゃないと#6かしら?それにしても、将棋では『詰めろ逃れの詰めろ』みたいに、非常に緊迫した終盤っていうのが起きるけれど、あれは駒を打って終盤が複雑化するからであって、チェスではピースの打ち直しがない分、終盤は簡略化されやすいから複雑で緊張する終盤って起こりにくいのよね。私たちは、今ファンタジー映画を観ているかのようだわ」

 

穂乃香「ファンタジー映画……言い得て妙ですね。鏡の国から、ここまで。56手目のルーク・プロモーションもまた面白い。こういう、クイーン以外のピースへとプロモーションするのを特に『アンダープロモーション』と呼んだりしますが……変身魔法も飛び交う、流石は魔法の国でしょうか」

 

奏「そうね。そして1手間違えばひっくり返る可能性がこれだけある終盤だと、迂闊なクイーン・プロモーションで取り逃がしてしまうとステイルメイトの可能性も生じる。確実に相手に交換の順を選ばせるための、敢えてのアンダープロモーションというわけね」

f:id:rikkaranko:20170806015209p:plain

(Fig.12 : 57. Rxd1 Rxd1 58. h7 Bf1+ 59. Kf3 Rd3+ 60. Kg4 Rh3 61. h8=B まで)

穂乃香「これは……幻術戦ですか」

 

奏「ね。お互いにアンダープロモーションで相手を惑乱させているのかしら。人の勝負だわ。しかも、お互い、クイーン以外のプロモーションではおそらく最善の選択をしているのが面白いわね」

f:id:rikkaranko:20170806015223p:plain

(Fig.13 : 61. ... Rxh8 62. Bxb3 Kc6 63. f5 Kd6 64. f6 Bh3+ 65. Kf4 Rf8 66. Kg5 Be6 67. Bc2 Rg8+ まで)

奏「ビショップぶつけは外したわね」

 

穂乃香「ですね。しかしこのチェック、68. Kf4以外ではメイトがありそうです」

 

奏「ほんとかしら……」

f:id:rikkaranko:20170806015254p:plain

(Fig.14 : 68. Kf4 Rg4+ 69. Ke3 Ke5 0-1)

奏「あぁ、わかったわ。この近接見合いで、#19なのね。だから、さっきのときにはもうメイトが掛かっていたんだわ」

 

穂乃香「以下は、70. f3 Rb4 71. Be4 Rb3+ 72. Kf2 Kxf6 73. Kg3 Ke5 74. 74. Bc2 Rc3 75. Be4 Bf5 76. Bb7 Rb3 77. Bc6 Ra3 78. Bb7 Rc3 79. Ba6 Rc6 80. f4+ Kd4 81. Bb5 Rb6 82. Bd7 Bxd7 83. Kf3 Bf5 84. Ke2 Rb2+ 85. Kf1 Ke3 86. Kg1 Kf3 87. Kh1 Kg3 88. Kg1 Rb1#のメイトがありますね。二人とも、お疲れ様でした。そして解説の奏さん、ありがとうございました」

 

奏「えぇ。これは見ていて本当に面白いゲームだったわね」

 

穂乃香「そうですね。独特な二人が織り成す、不思議な劇を見ているような感じでした。勝った文香さんは、準決勝へと駒を進めて、八神マキノさんと戦います」

 

奏「とうとう準決勝ね。私はフレデリカに勝ってもらわないと困るわ」

 

穂乃香「ふふ。そうですね。では、私は2回戦で負けた文香さんにぜひ……。今日はここまでです。聞き手を務めたのは綾瀬穂乃香でした」

 

奏「私の仕事は今日はこれで終わりなのだけれど……準決勝が9時から第1試合ね。そちらも、よろしくお願いするわ」

 

(続く)

 

第1回Blitzトーナメント第3回戦第2ゲーム[速水奏 vs 宮本フレデリカ](解説・北条加蓮 / 聞き手・工藤忍)

藤忍「みなさん、おはようございます。今朝は解説に加蓮さんを迎えて、第3回戦第2ゲームをお送りするよ!」

f:id:rikkaranko:20170730222506j:plain

北条加蓮「ん、よろしくね。まずは……奏vsフレデリカさんかぁ。奏も仕事が立て込んでて大変だね」

f:id:rikkaranko:20170730231707p:plain

忍「3回戦ともなると、錚々たる面子ですね……」

 

加蓮「そうかなぁ?ダークホースが出て来る方が観てる側としては楽しいと思うんだけど……」

 

忍「一理ある」

f:id:rikkaranko:20170730231858p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 まで)

加蓮「ルイ・ロペスだね。そういえば奏の先手って今回初めて?」

 

忍「2回戦の速水ー双葉がたしか奏さんの先手で、あれ?」

 

加蓮「いや、あれは奏の後手でハリネズミ防御だったはずだよ。あたし解説したもん」

 

忍「あっ、そうだった。ということは先手は今シーズン初めてですかね」

 

加蓮「そうだね。で、ルイ・ロペスかぁ。最近、流行ってるもんね」

 

忍「カレン・ディフェンスのせいじゃないですかね?」

 

加蓮「……あぁ、この前の放送で名前ついたんだっけ。恥ずかしいなぁ……」

 

忍「本局もそうなるかもしれませんよ!」

f:id:rikkaranko:20170730232558p:plain

(Fig.2 : 4. Bxc6 まで)

加蓮「……ンフフw」

 

忍「……」

 

加蓮「奏はクセモノ、イイネ?」

 

忍「アッハイ」

f:id:rikkaranko:20170805152635p:plain

(Fig.3 : 4. ... dc 5. 0-0 f6 6. d4 ed 7. Nxd4 Bd6 まで)

 忍「あの形が優秀だからエクスチェンジ・ヴァリエーションに飛び込んだ……ってことでしょうか」

 

加蓮「そうなら面白いね。でも、奏のことだから単に他人と同じことをしたくなかっただけってヘソ曲がりな可能性もあるなぁ」

 

忍「エクスチェンジ・ヴァリエーションは穂乃香ちゃんが講座で一回取り扱ってましたが……」

 

加蓮「黒がBg4と出ていきなり白のクイーンをピンする形が紹介されてたよね。あれもあるけれど、こうして5手目f6と突いて、eポーンとの連結をよくするのも指されている、というか黒から無理に動かない方が今は良いって考えの方が主流なのかな」

 

忍「5. ... f6でeファイル~fファイルでポーン・コネクションが出来たから、白はこのタイミングですかさず6. d4と突いてぶつけるんですね」

 

加蓮「そう。で、本譜のようにポーンの交換をすれば、これでセンターコントロールの足がかりを破壊できるからね。黒の7手目Bd6は、お互いのクイーンが素通しになったdファイルにピースを足しながらビショップを攻撃ピースにするべく展開、さらに自陣のキャスリングに近づける手ね」

 

忍「穂乃香ちゃんもいってましたね。エクスチェンジ・ヴァリエーションはクイーンの衝突が起こりやすい、過激なオープニングって。クイーンファイルが序盤で早々にフル・オープンになるので、こうやってお互い備えていく神経戦になるんですね~」

 

加蓮「……もし、白がモーフィ・ディフェンスにBa4と引いて善戦できない、なんてことになったら、ルイ・ロペスを指すプレイヤーは当たり前のようにエクスチェンジ・ヴァリエーションに突入する様になるのかな」

 

忍「すると、黒としてはエクスチェンジ・ヴァリエーションだけ用意しておけばいいのでいずれにせよやり易い戦型になるのでは?」

f:id:rikkaranko:20170805153921p:plain

(Fig.4 : 8. Nc3 Ne7 9. Qh5+ Ng6 10. Nf5 0-0 11. Re1 Be6 12. Qe2 b5 13. h3 Qd7 14. Nxd6 cd 15. a3 a5 まで)

加蓮「二人とも気負いがないっていうか……慣れてるね~。手がパタパタ進んでいくよ。ルイ・ロペスってお互いの了解みたいな細かな駆け引きの上に成り立つとても人工的な戦型だなぁってカンジする」

 

忍「たとえばどのあたりですか?」

 

加蓮「どのあたりっていうのも難しいけど……そうだなぁ。黒の8手目Ne7は白がQh5+ってチェックを掛けに来るのに備えNg6と跳ねるのを用意しながらキャスリングを用意した手でしょ?だから暗黙の了解の様に9. Qh5+ Ng6と進む。ここで白はクイーンを鞘に納めないと今度は黒から標的にされるわけだけど、黒がBe6~Qd7で斜めのバッテリーを組むのに対抗して、白はRe1~Qe2で縦のバッテリーを手順に組みながらクイーンを引く、とかさ」

 

忍「なるほど」

 

加蓮「黒は放置するとcファイルのダブルポーンが負担になるから、ビショップ・ペアを見せて白に14. Nxd6とマイナーピース交換の順を打診したね。取ってくれればダブルポーンが解消できて、取ってくれなければビショップ・ペアが働く。細やかなテクニックがさすがフレデリカさんってカンジ。これで駒割りは互角、お互いキャスリングも済ませ、クイーンがバッテリーを組んでいる、ここから戦いじゃないかな」

f:id:rikkaranko:20170805154832p:plain

(Fig.5 : 16. f4 f5 17. Qf2 fe 18. Nxe4 Bd5 19. Nc3 Qf5 20. Nxd5 Qxd5 21. Be3 Qf5 まで)

忍「高度な応酬が続いてますね……」

 

加蓮「ね。奏の16. f4と突き出して、黒のf5を手抜いて敢えて17. ... feと取り込ませてから18. Nxe4とナイトを中央に復帰させる順なんて凝ってるなぁ」

 

忍「fファイルのポーンって、8つあるポーンの中でも結構触るタイミングが難しいですもんね」

 

加蓮「そうだね。この局面で、さっきは白がルーク+クイーンの縦バッテリー、黒がビショップ+クイーンの斜めバッテリーだったのに、それが逆になったよ」

 

忍「ホントだ。この局面の形勢を加蓮さんはどう見ます?」

 

加蓮「んーっとね、たぶん形勢的には黒が若干やり易いくらいだと思うんだけど、実際黒は自陣が纏めづらいんだよね……だから、まぁ互角かな。勝ってるのに黒が神経を使う展開になるかも」

f:id:rikkaranko:20170805161032p:plain

(Fig.6 : 22. Rad1 Rae8 23. g4 Qf6 24. f5 Qxb2 25. Rxd6 Qxa3 26. Rd3 Qa4 27. Rd4 b4 28. Red1 Qb5 まで)

忍「お互いaファイルから戦車を引っ張ってきましたね」

 

加蓮「フレデリカさんの23手目Qf6が渋い手だね。これは白に23. g4~24. f5と突かせるいい手だ。白に残っているのは黒マスビショップだけど、終盤で同じ色のマスにポーンチェインがあるビショップっていうのは価値が相対的に低くなる26. Rd3~27. Rd4とルークを釣ってクイーンとビショップのバッテリーを白が自分で切る様に仕向けたのも妙手順だと思うな。極めつけはa,bポーンをパスポーンに変身させたことかなぁ」

 

忍「なるほど、纏め難い陣形というのがネックだ~って加蓮さんはさっき言ってましたけど、『纏めない』ことでアドバンテージを取りに行ったんですね」

 

加蓮「これはちょっと真似できないね。小技がTHE宮本流ってカンジ。精度の高い基本テクニックを必要なタイミングで指せるのって大きいね」

 

忍「大技の北条、小技の宮本ですか」

 

加蓮「アタシのは大技っていうより大味だったりして」

f:id:rikkaranko:20170806003154p:plain

(Fig.7 : 29. Rb1 Ne5 30. Bf4 Qc5 31. Kg2 h5 32. gh Rxf5 33. Re1 Rxh5 34. Ree4 Rf8 35. Qe2 Rff5 36. Rd8+ Kh7 まで)

忍「黒の30手目Qc5は、白のクイーンをピンすることで一気に白のキングを弱めるクイーン交換を狙った機敏な一手ですね」

 

加蓮「そうだね。クイーンが消えれば正真正銘のエンドゲームに入るけれど、このときにどれだけ自分にとって有利な状態でクイーン・エクスチェンジが出来るかっていうのはミドルゲームで常に考えておきたいところかな」

 

忍「対して奏さんは35手目Qe2とクイーンの利きをずらしましたね」

 

加蓮「これは黒のクイーンの当たりを避けることで、次の36. Rd8+とチェックを掛けながら敵陣深くにルークを潜らせるのを狙った手だね。こうして潜水したルークは、a、bファイルのパスポーンを一掃し得る希望を担った終盤の手筋だけどね……」

 

忍「31手目h5~Rxf5~Rxh5と素晴らしいコンビネーションを見せたフレデリカさんの有利は揺るがなそう、と」

f:id:rikkaranko:20170806003721p:plain

(Fig.8 : 37. Bxe5 Rxe5 38. Rxe5 Qxe5 39. Qxe5 Rxe5 40. Ra8 Re2+ まで)

 忍「じりじりと間合いを詰めた後は、一気に斬り合うようなエンドゲームでしたね」

 

加蓮「フレデリカ・エンディングって大体そうじゃない?あとは投げ時よね……」

f:id:rikkaranko:20170806003736p:plain

(Fig.9 : 41. Kf1 Rxc2 42. Ke1 b3 43. Kd1 Rc5 44. Kd2 Kg6 45. h4 Kf5 46. h5 Kg5 47. Rh8 Rc2+ 48. Kd3 a4 49. h6 gh 50. Rg8+ Kf5 0-1)

加蓮「なるほど、最後に思い出王手ならぬ思い出チェックを掛けて投了かぁ。奏も今回のトーナメントには並々ならぬ思いがあったんだろうね」

 

忍「それか、強いフレデリカさんと当たることへの思い入れ……でしょうか」

 

加蓮「なるほど、それもあるか。ま、彼女は何にも教えてくれないと思うけどねー」

 

忍「本局を制した宮本フレデリカは、準決勝で北条加蓮と対戦します。そっか……加蓮さんとなんですね、次は」

 

加蓮「準決勝かぁ~。ま、アタシは頑張れるだけ頑張るよ」

 

忍「応援してます!それでは、まずはこの辺で。聞き手の工藤忍と」

 

加蓮「解説の北条加蓮、でした。またあとでね」

 

忍「このあとは加蓮さんの準決勝がありますからね!」

 

(続く)

 

 

第1回Blitzトーナメント第3回戦第3ゲーム[アナスタシア vs 八神マキノ](解説・鷺沢文香 / 聞き手・喜多見柚)

喜多見柚「やっほー!今日は第3回戦、前にお送りした北条vs喜多見とは別の山から第3ゲームをお送りするよ!」

f:id:rikkaranko:20170730234214p:plain

鷺沢文香「……宜しくお願いします、柚さん」

f:id:rikkaranko:20170730234319p:plain

柚「よろしくネ、文香さん」

 

文香「第3ゲームは、アナスタシアvs八神マキノとなっています……。後手の八神さんは、ちょっと、未知数なところがありますね」

 

柚「デビュー戦では11手メイトを読み切って圧勝するという指し回しを見せた八神サン、どんなゲームを指すのか……期待だネ!」

f:id:rikkaranko:20170730234723p:plain

(Figure.1 : 1. e4 e5 2. Nf3 Nc6 3. Bb5 a6 4. Ba4 b5 まで)

文香「あら?この形……」

 

柚「いま流行りの形ですネ!2回戦の最終ゲームでは、初めて黒のこの布陣に土をつけたのが文香さんでした!」

 

文香「……たまたまです」

 

柚「ここから5手目に白がBb3と引いた後に黒は早々にNf6と跳ねて攻撃態勢を組むのが特徴で、カレン・ディフェンスと呼ばれ始めたとかはじめないとか……でも、文香新手の6. a4~7. d4~8. e5~9. Bd5でナイトを両取りする手も出てきて白もやれるのでは、というところで、これは大注目だね!」

f:id:rikkaranko:20170730235149p:plain

(Fig.2 : 5. Bb3 Bb7! まで)

柚「やっぱりビショップを引く手に黒は……!?」

 

文香「……黒から、手を替えましたね。なるほど……」

 

柚「あ、このフィアンケットで、予め鷺沢新手の9. Bd5と出る筋に備えてるんだ……」

 

文香「これは、黒番に相当の研究があるかもしれませんよ」

f:id:rikkaranko:20170730235429p:plain

(Fig.3 : 6. a4 b4 7. d4 ed 8. e5 Nge7 まで)

柚「6、7手目は鷹富士流の端の伸び過ぎを咎める前例に沿って進みましたかー」

 

文香「……これ、6手目a4は厳密にはb4と躱さなくても、黒は手抜けると思います。とすると端攻めすら弱められている……?」

 

柚「8手目でNa5と跳ねる手はなかったんですかネ?この端桂ならぬ端ナイトが引かせたビショップに当たるというのがカレン・ディフェンスの仕掛け1発目だと思うんですけど」

 

文香「それもあると思います。でも、八神さんはおそらく、9. Qxd5が入るのを嫌ったのでしょう」

f:id:rikkaranko:20170730235813p:plain

(Fig.4 : 9. Nxd4 Na5! まで)

柚「これは驚き!これは10. ... Nxb310. ... Bxg2の両狙いだネ!端ナイトの味がいい、っていうのは加蓮さんの研究通りだけど、東郷vs北条よりももっと厳しく入ってるんだネ」

 

文香「黒が端に2手掛けた分、白番ならセンターから手が作れるのでは、と思ったのが私の研究でしたが……なるほど、先にフィアンケットされると先手は迂闊にセンターを捌けもしないんですか……」

f:id:rikkaranko:20170731000111p:plain

(Fig.5 : 10. 0-0 c5 まで)

柚「抜け目ない手ですネ」

 

文香「主導権があるタイミングでセンタ―志向の戦線拡大ですか。手慣れてますね」

 

柚「Bb3には紐が付いているから、キャスリングでg2の地点を守るのは計算通りだったけど……これはちょっと白やりづらいなあ。この後はどう読みます?文香さん」

 

文香「そうですね……11. Nf3 Nxb3 12. cb Ng6 13. Nbd2Bd6と返すのが手筋な気がしますが……

f:id:rikkaranko:20170731000443p:plain

(Fig.6 : 11. Nf3 Nxb3 12. cb Ng6 13. Nbd2 d5 まで)

文香「あ、なるほど。アンパッサンで取らせるサクリファイスですか。手順にdポーンが切れるというわけですね」

f:id:rikkaranko:20170731000627p:plain

(Fig.7 : 14. ed e.p. Bxd6 15. Re1+ Be7 まで)

柚「こう進むとこの2手は必然進行な気がします」

 

文香「ここで、15手目にチェックで入るルークの利きを切ってビショップを引くと、オープンファイルになったdファイルを支配するQd8の存在感が見過ごせないです」

f:id:rikkaranko:20170731000830p:plain

(Fig.8 : 16. Nc4! まで)

柚「ひゃー」

 

文香「最高のタイミングでのナイト跳躍です。捲土重来、といったところでしょうか。この手はクイーンをぶつけている手でありながら、次に17. Nfe5からナイト・エクスチェンジで軍縮を迫るのも見せています」

 

柚「最早1手も気の抜けない斬り合いですネ」

f:id:rikkaranko:20170731001052p:plain

(Fig.9 :16. ... 0-0 まで)

柚「ぶつけたのにすぐにクイーン交換に踏み切らないんですネ」

 

文香「どちらから取るかによって、手の損得が変わります。その微差すら勝敗に直結する位緊迫した戦況、ということです」

f:id:rikkaranko:20170731001726p:plain

(Fig.10 : 17. Nfe5 Nxe5 18. Nxe5 Re8 19. Be3 Rc8 20. Nc4 Be4 21. Rc1 Qxd1 まで)

柚「ナイト交換をしてから、お互いビショップの位置を調整して、ようやっとクイーンを切りました。黒からですネ」

 

文香「どちらでとっても、白はテンポが奪われますから。もう先延ばしにする手もないですし、頃合いかと」

f:id:rikkaranko:20170731002306p:plain

(Fig.11 : 22. Rexd1 Rcd8 まで)

柚「ここで奪ったテンポを利用して自分も腰を落としてルークをぶつけましたネ」

 

文香「向こうから取らせれば手得を主張できるということでしょうか」

f:id:rikkaranko:20170731002255p:plain

(Fig.12 : 23. Rxd8 Rxd8 24. f3 Bd5 25. Ne5 f6 26. Nd3 Bxf3 27. Nxc5 Bxc5 28. Bxc5 Rd1+ 29. Rxd1 Bxd1 30. Bxb4 Bxb3 31. a5 Kf7 32. Kf2 Ke6 33. g4 Ke5 34. Kg3 Ke4 35. Bf8 g6 36. h4 f5 37. gf Kxf5 38. Kf3 Bd5+ 39. Kg3 g5 40. hg Kxg5 1/2-1/2)

柚「ちょっとアタシまだ頭が追い付いてませんけど……」

 

文香「長い鍔迫り合いの後、一閃でしたね……そしてドロー協議の成立、ですか?ということは……」

 

柚「はい。このBlitzルールでは、引き分けは黒勝ちになりますので……八神さんの勝ちになりますネ」

 

文香「お互いの気魄迸る、名局だったと思います。……しかし、こうなるとカレン・ディフェンスを破ることは出来るのでしょうか……」

 

柚「勝った八神マキノさんは……4回戦で遊佐vs鷺沢の勝者と当たります。文香さん、頑張ってくださいね!」

 

文香「あの……まだ3回戦も消化してないのですが……」

 

柚「そうでした!それでは、今夜はこの辺で……聞き手の喜多見柚と!」

 

文香「解説は鷺沢文香がお送りしました。それでは、良い夢を……」

 

(続く)